« 手話関係の国際会議 | トップページ | 新学期の授業料など。 »

2013.03.11

東日本大震災から2年

関東に住む私たちにも忘れることができない未曾有の大地震から2年になりました。
あの日の体験が、遠い昔の様なとても最近な様ななんとも複雑な感じがします。

2年経ってもなお、行方不明の方や避難生活の方が大勢いらっしゃいます。
福島の原発の問題も今なお片付いていません。
被災地の復興もまだまだ進んでいない状態です。

大きな地震とそれに伴う大津波、そして福島原発。
大きな傷跡を残した震災です。
東北の被害があまりにも甚大で、あまりニュースになりませんでしたが関東では千葉県や茨城県でも津波の犠牲になった方がいらっしゃいます。

2年前のあの日から1週間くらいは、神奈川に住む私も被災者だと感じていました。
家屋の倒壊はありませんでしたが、市内では建物が壊れたり天井が落ちたビルや壁が崩落したビルもあり、液状化した地域もありました。
何より、震災当日は私自身が半帰宅困難者となり職場から自宅まで4時間歩きました。
翌日も電車が動いていませんでしたし、ガソリン不足は関東でも起きていました。
スーパーでの買い占め問題などもあり、1週間ほどは辟易する状況でした。
計画停電もしばらく続いていて、精神的に追いつめられるような空気がありました。

それでも、東北の惨状を知れば知るほど関東の状況など、取るに足らないことのようにも思えました。
でも、現実に自分の目の前で起っていることへの対応で精一杯だったように思います。
東北の状況に心を痛めながらも、日々の生活や計画停電のこと、ガソリンや水の不足、放射能の問題、色々なことに翻弄された2年前の春。
今日の14時46分にはそんなことを思い出しながら、1分間の黙祷をしました。

仕事中で、打合せの時間帯でしたが職場全体でこの時間は黙祷することになっていて同じ部屋にいた全員で、黙祷をしました。
最近また、東日本大震災の余震と見られる大きめの地震が頻発しています。

防災はまず自助から。
自分で自分や家を守る為の努力をまずは、していきたいと思います。
きっとこれからも毎年、3月11日は特別な日になると思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 手話関係の国際会議 | トップページ | 新学期の授業料など。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/56937397

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から2年:

« 手話関係の国際会議 | トップページ | 新学期の授業料など。 »