« 須藤薫さん、ありがとう。 | トップページ | 東日本大震災から2年 »

2013.03.10

手話関係の国際会議

この週末は、時々参加させていただいている勉強会で手話関係の国際会議の報告を聞く機会に恵まれました。
ひとつはインドで開催されたSIGN6についてでした。
こちらは国際手話とインド手話のみの国際会議で、音声通訳はなかったそうでう。
日本で開催してくれたら、一度は行ってみたいです^^;;
来年はロンドンでSIGN7として開催されるそうです。
国際会議そのもののお話もさることながら、周辺観光の話しやインド文化についても色々興味深いお話を伺えました☆

それから、もうひとつは香港にある中文大学で開催されたInternational Conference on Sign Linguistics and Deaf Education in Asiaの報告でした。
こちらは、日本語だと何だろう..。「アジア手話言語学及び、ろう教育国際会議」という感じでしょうか^^;;
こちらは、使用言語は21種類にのぼり会場内での手話通訳は11種類あったそうです!!
しかも、原則英語での発表を聴いて、それぞれの手話に通訳できる方がその業務にあたったそうで、日本からも英語から日本手話に通訳できる方が通訳を担当されたようです。
スゴいですね〜。

その他の通訳も、英語からミャンマー手話とか、フィジー手話とか、アメリカ手話とか、香港手話とか、スリランカ手話とか、台湾手話とか...だそうです。
そのお話と写真、更に動画を見ただけで気圧されるというかなんというか...。
とにかくスゴいです!!

良い勉強になりました☆
終わった後は、みんなで飲み会(^^)/
よくあることですが、今回も10名ほどいた中で聴者は私のみ。
こうなると、ろう者同士の会話は超ネイティブ手話になります。
残念ながら私と話す時には、それなりにコードスイッチしてくれている気配を感じるので自分の力不足を感じます^^;;
ネイティブサイナー同士の会話の様子を見ていると、瞬きできない感じですが実際には瞬きしています(笑)
そして、見ているだけならなんとなくついて行けるのですが、あの会話を日本語にしなさいと言われたら私は逃亡します(苦笑)

なかなか充実した週末でした。
月曜日からまたお仕事がんばろー。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 須藤薫さん、ありがとう。 | トップページ | 東日本大震災から2年 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/56923131

この記事へのトラックバック一覧です: 手話関係の国際会議:

« 須藤薫さん、ありがとう。 | トップページ | 東日本大震災から2年 »