« 「手話条例」について | トップページ | 地味に地道に。 »

2013.04.14

手話の魅力(^^)/

桜も散り、うぐいすが鳴いているものの寒の戻りで風が冷たい週末でした。
こうなるともう、何を着て良いのかわかりません^^;;

この週末は手話の魅力を堪能できたよい週末でした。
ちょっぴり寒かったけど〜。

土曜日はデフライフ・ジャパン主催の講演会へ行って来ました。
自由が丘から北参道へオフィスが移ったんですね〜。
初めて行きましたが、駅から近い便利な場所でした☆
講師は静岡県湖西市でサーフショップの営んでいる太田辰郎さんでした。
そうです☆今村彩子さん監督の映画『珈琲とエンピツ』の主人公の太田さん。
以前以上におもしろトーク炸裂で、とても楽しい講演でした。

家族のことや学校のこと、お店を経営するまでの苦労やハワイでの経験。
そして、お店をオープンしてからのコミュニケーション方法についてなど、ご自身の体験を中心にお話してくれました。
その中には後輩やろう児たちへ伝えていきたいことがぎゅっと詰まっていました。
大切なのは、OPEN UP!なのかな^^
とても温かく優しい語り方で、あっという間に時間が過ぎました。

そうして今日は、神通研こと神奈川手話通訳問題研究会の2012年度総会でした。
総会の時は毎年記念講演があり、今年は宮城からコーダの半澤啓子さんがいらしてご講演されるということで、神通研会員としてはとても楽しみにしていました。

半澤さんといえば、民話手話語りが有名です。
半澤さんの手話ももちろん素敵ですが、民話を声で語る穀田千賀子さんも本当に素晴らしく、このお二人のコンビでこその民話手話語りの良さがあるのだろうな思いました。
今日は穀田さんはテープでの声でしたが、半澤さんの手話語りとあいまってとても、心の深いところにしみこむ内容で良かったです。

半澤さんといえば、民話手話語りがとても有名で私も何度も拝見していますが、今回は民話だけではなく、半澤さんの生い立ちというか半生といいますか、とにかくご自分の生まれ育った環境や子どもの頃のことなどもご講演いただきました。
それも、全部手話で!!

私は民話よりもこちらに感激しました。
あの手話を日本語にして読み取ってと言われると苦しさもあるのですが、ただ手話のまま見て理解していてよいということだったら、あれほど分かりやすく快適な手話環境というのはなかなかできないなぁと思います。

半澤さんのお話、もっと聴きたい!!と思いました。
手話がろう者の大切な言語であることと、手話の魅力を多くの方に伝えて行きたいとおっしゃっていた半澤さん。
とても素敵な方でした。

手話の魅力に浸れた、よい週末でした^^


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 「手話条例」について | トップページ | 地味に地道に。 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/57175469

この記事へのトラックバック一覧です: 手話の魅力(^^)/:

« 「手話条例」について | トップページ | 地味に地道に。 »