« たまごのプリン | トップページ | 情報交換☆ »

2013.06.14

通訳現場にて...。

久しぶりに手話通訳現場のお話など...。
色んな現場があると思うのですが、私が対応に今でも苦慮するのは「通訳者に質問」されることです。
普通、通訳者は「通訳者」なので、講師や話者の話しをそのまま聞いて手話で表出するか、手話を見て音声日本語にするかなわけで、通訳者の感情は横においておかなくてはいけません。

でも、たま〜に話者(特に聴者が多い)が横に立っている通訳に、ひょいと話題をふって来たり質問してきたるすることがあります...。
ここをご覧の通訳者のみなさま、経験ありませんか〜?

そんな時、どうしましょう?
私は対応に苦慮します(汗)

1対1の場面だったら、ろう者に「今、通訳者への質問だけど答えへいい?」と確認してOKだったらろう者にも分かる形で回答します。
この場合は、さほど困らないのですが問題は、舞台など対象者が複数いるような時に舞台上の講師に「ね、通訳さん、これってこうだよね?」みたいに話しを振られたり、質問されたりする時です。

こういう時に、私は自分が納得できる対応をしたこともないし他の通訳者の対応を見て「うまい!見習おう」という場面にも遭遇したことがありません...。
そのときの場の雰囲気や、講師(話者)のタイプなどによってケースバイケースなのだとは思いますが、みんなが納得するような対処方法はないような気もします。

なので、どうかみなさん...通訳者には話しかけないで下さい(^^;;
通訳者通訳する為にいるので〜っ。

手話に限らず、外国人俳優付きの音声言語通訳者の場合でも、たまに司会者に通訳者が話しかけられたり、突っ込まれたりしている場面を見かけます。
でもやっぱり、「上手い!」という対応は見ない気がします。
TVなどでそういうシーンを目撃すると「通訳さん大変だなぁ...」とつい、同情してしまいます。

そんなわけで、結論。
通訳者はいないものと思って、突っ込んだり質問したりしないで下さい...。
でもって、いい対処方法があれば教えて下さいm(__)m


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« たまごのプリン | トップページ | 情報交換☆ »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/57592116

この記事へのトラックバック一覧です: 通訳現場にて...。:

« たまごのプリン | トップページ | 情報交換☆ »