« 動物とヒトの関係学 | トップページ | ひとくぎり。 »

2013.06.03

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

演劇集団キャラメルボックスのスプリングツアーであり、サンシャイン劇場35周年記念公演である舞台、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の東京公演千秋楽へ行って来ました。
タイトルでピンと来た方もいるかもしれませんが、この舞台の原作は東野圭吾さんの同名の小説です。


原作はもちろん、キャラメルの舞台も原作の良さを上手く舞台化した素晴らしい作品でした。
東野作品にしては珍しく(?)ミステリーではありません。
(いや、ある意味ミステリーなのかも!?)

とある養護施設と不思議な繋がりがあるとある雑貨店をめぐる不思議な繋がりと、絆。
そして、時空を超えたことばのやりとりから生まれる、感動。
どんな人生も捨てたもんじゃないよと思わせる、勇気と元気がもらえる作品です。
10代には10代なりの夢や悩みがあり、60代には60代の想いや悩みがあると思いますが、この作品はどんな世代の人が観ても、自分の今の状態に照らし合わせたメッセージを届けてくれるのではないかと思います。

キャラメルの舞台は、東京公演が終わってしまったので神戸でしか観られませんが原作は読めるのでもし興味がある方はぜひ(^^)
千秋楽ということで、キャンセル待ちもでるほどでした。
私は友人のおかげで、とても良い席で観られて本当に感動しました。

上演後のアンコールも大変盛り上がり、千秋楽なので役者さん1人1人のコメントもあり楽しかったです。
今回、一番嬉しかったのは西川浩幸さんの演技を久々に観られたことです(^^)
病気から復活して出演した「流星ワゴン」は観に行っていないので本当に私にとっては久しぶりの舞台に立つ西川さんでした。

この千秋楽の舞台裏(?)は、キャラメルの加藤さんのブログに掲載されていますので、「加藤の今日」ぜひご覧下さい。

次回作も楽しみにしています(^^)

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 動物とヒトの関係学 | トップページ | ひとくぎり。 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/57517973

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』:

« 動物とヒトの関係学 | トップページ | ひとくぎり。 »