« 達成感!! | トップページ | 原爆手話朗読劇〜68回目の原爆の日に〜 »

2013.08.05

映画「風立ちぬ」

言わずと知れたジブリの最新作「風立ちぬ」を観て来ました。
散々各種メディアで取り上げられているので、今さらではありますがこの作品は零戦の設計者、堀越二郎を主人公にその半生と、同時代を生きた作家・堀辰雄の「風立ちぬ」や「菜穂子」といった作品のストーリが絡み合って構成されています。

ジブリ作品の中で、私はかなり好きな作品です。
もう一度、映画館で観たいです。

この作品は賛否が色々別れるそうで、「つまらなかった」と言う人もいるそうですが、私には非常に魅力ある作品でした。
様々な時代背景と人の想いが込められた作品で、ジブリらしい作画と色彩で「生きねば。」という深いテーマを描いているように感じました。

確かに子どもが楽しめる作品ではないと思います。
事実、今日も映画館に来ていた小学生は飽きていたようです。
夢と現実を錯綜する展開も、子どもには分かりにくと思いますが、あの時代背景を感じ取れる人やものづくりをしている方達の中には、否定的な見方は少ないのではないでしょうか。

関東大震災と戦争。
そんな時代を生き抜いた人たち。
その方達のおかげで、今の日本があることを改めて感じました。

そして、一機も戻って来なかった零戦を作った人たちは当時、どんな思いだったのだろうと考えました。
設計士はただ、より美しく性能の良い飛行機を作り上げただけですが、その飛行機で多くの若者が亡くなってしまったあの時代。
設計した人たちに苦悩がなかったわけがないと思うのです。
原爆やダイナマイトの技術も、開発者は誰かを殺そうと思ったわけではなかったように...。
ただ、技術が兵器となってしまい多くの犠牲者を出してしまった...。

当時の本当の堀越二郎さんは何を考えたのだろうと、映画を観ながら思いました。
あとはやはり印象的なのは、菜穂子。
サナトリウム(結核療養所)の映像が少しありましたが、当時は本当にあんな状態だったんでしょうか...。

当時サナトリウムだったところが後に、一般病院になっているのをいくつも近代建築で見ていますが映画の印象とだいぶ違っていました。
今は、一般病院だから当然と言えば当然なのですが...。

あとは、色々な方が書いている「たばこのシーン」。
言われてみれば確かに、たばこを吸うシーンが多いです(笑)
あれが気になるのは、現代人の感覚だなぁと思います。

当時の日本はあれくらい吸っていたと思います。
だって、私が小学生の頃でさえ学校の職員室では、先生方みんなたばこを吸っていました。
服がたばこ臭くなって嫌でした〜。

映画の時代背景的には、たばこは男の嗜好品としてはごく当たり前のもので、身体への害なんて話題になっていなかったのではないかと想像します。
戦争中にあんなにたばこがあったのかは、分かりませんが。

そんなわけで、私はかなり気に入った作品ですがご覧になった方、いかがでしょうか。
ネットを検索しても「つまらなかった」という意見もちらちら見かけます。
ジブリ作品のファンタジーを期待すると、期待はずれかもしれませんね...。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 達成感!! | トップページ | 原爆手話朗読劇〜68回目の原爆の日に〜 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

私も、風たちぬを見てきました。
もともとジブリファンではないので、ドシルさんのコメントを見なければ行く予定もなかったのですが、見て良かったと思える作品でしたhappy01

投稿: TOMO | 2013.08.15 19:00

sunTOMOさん
コメントありがとうございます。
私の記事が、映画に貢献してしまいましたか(笑)
でも、「ドシルに騙された!」にならなくて良かったです。

終戦の日に観ると、またなんとも言えない気持ちになるかもしれませんね。

投稿: ドシル | 2013.08.15 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/57934867

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「風立ちぬ」:

« 達成感!! | トップページ | 原爆手話朗読劇〜68回目の原爆の日に〜 »