« 『偉大なる、しゅららぼん』 | トップページ | 2013年今年の漢字 »

2013.12.17

石狩市:手話基本条例

鳥取県手話言語条例に引続き、16日(月)に北海道石狩市議会で手話基本条例が可決されました。
市町村で手話に関する条例が制定されるのは、国内では初めてのことです。
報道によれば、この条例は手話は聞こえない人たちの思考や会話に使われる言語であり、市民が手話に親しむ機会を作るとともに、手話を使用する聞こえない人たちが社会参加しやすい環境を整えることをめざしているそうです。
どんな内容か読んでみたいです^^

ニュースで映像を見ていて、ちょっと感動したのは市議会で発言している議員のすぐ真横に手話通訳がいたことです!
いくら傍聴席にろう者がたくさん来ているからといっても、神奈川の県議会や市議会では傍聴席での通訳は認められるかもしれませんが、議場の中で発言者席の真横立つことは認められないような気がします。
そこが、手話関係の条例が出来る自治体とそうではない自治体の違いなのかもしれません。

石狩市長がインタビューで、「手話通訳者の数を増やしたい」と仰っていました。
石狩市の手話通訳者数を私は知りませんが、けして人口が多い市ではないのでそんなにいないだろうなぁと思います。
今後、条例によって一般の方々が手話に触れる機会が増え、通訳者の環境も整っていくといいですね。
全通研集会などで、もし石狩市の方にお会いしたら色々聞いてみたいなぁと思いました。
北海道...しかも道南なので、色々と思い入れがあるのかもしれません(笑)

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 『偉大なる、しゅららぼん』 | トップページ | 2013年今年の漢字 »

ニュース」カテゴリの記事

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/58768894

この記事へのトラックバック一覧です: 石狩市:手話基本条例:

« 『偉大なる、しゅららぼん』 | トップページ | 2013年今年の漢字 »