« 汚い話ですが。。。 | トップページ | 試験期間です^^; »

2014.01.18

聾者の視野

先日、通訳仲間と話していた時1人が「通訳中に聾者が通訳を見ないで、資料を読んでいると伝わっていないのかなと不安になる」というようなことを言っていました。
これって、きっと手話通訳者あるあるじゃないでしょうか...?

手話という言語は、見てなんぼというか...見ないということは無視とか話す気がないとかそんな話しも良く聞きます^^;;
私も同じ様な経験があります。

視線を通訳者に向けてくれて、うなずいてくれたり「?」って顔されたりと何かしらの反応があると、通訳者としてはやりやすいです。
でも、わかるでもわからないでもなく何の反応もなく、あげくに通訳者から視線を外し資料を読み出したら、通訳がわからなくて読み取る努力を諦めた...のかもしれません^^;;;
そんな不安になること、あります(汗)

でも、聾者の視野って聴者が想像している以上に広くって、会議などで資料に目を落としていても視線の端で通訳者の手話を見ていて、大事そうな話題になったら視線が戻ることもあります。
聴者だって、1時間も2時間も続く会議や講演会でずーーーっと、集中して耳を傾けるなんてことしないような気がします。
そう考えると、聾者だって話題や内容によっては視線を外して他のことをしたかったり、興味のない話題のときは通訳を見ないということもアリなのではないかと思います。

私たち通訳者側が、「自分の表現が通じないのかも」と不安になるのは仕方がないけれどそれを確かめる術もなかなかないですもんね...。
聾者だって嫌な想いをしてわざわざ通訳者に「あなたの手話、わからない」とは言わないでしょうしね。
難しいところです。

分かりにくかったら分かりやすくしたいと思うのが、通訳者だとは思いますが、反省をしつつも聾者の視野の広さは自分とはかなり違うということも、頭の片隅に入れて反応を見るしかないのかもしれません。
聾者の皆様、可能な範囲で通訳者へフィードバックをいただけるとありがたいです。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 汚い話ですが。。。 | トップページ | 試験期間です^^; »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

フィードバックとは、何ですか?

投稿: Kumiko | 2014.01.20 01:27

sunKumikoさん
フィードバックは、ろう者が通訳者にもっとこうしてくれると分かりやすいとか、こうだと分かりにくいとか、通訳者へ感想などを返してくれることです。
通訳者も通じたか不安なので、次回のためにもちょっとでもそういうのがあると嬉しいなと。

ろう者も言いたくないだろうけど(^^;;

投稿: ドシル | 2014.01.20 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/58967451

この記事へのトラックバック一覧です: 聾者の視野:

« 汚い話ですが。。。 | トップページ | 試験期間です^^; »