« ろう者と共に防災訓練 | トップページ | 悲喜交々 »

2014.03.11

被災地に想いを馳せて。

あの未曾有の地震から3年の月日が流れました。
もう3年なのか、まだ3年なのか...私自身の中でも整理がつきません。
経験したことがない大地震とその後の停電と津波、電車も全て止まり職場から徒歩で帰ったあの日。
地震発生時刻は午後2時46分。

1995年の阪神淡路大震災は早朝の地震で、私が朝起きてテレビをつけたら信じられないニュースが飛び込んできて驚いたことを鮮明に覚えています。
でも、都内に住んでいた私は揺れを経験していません。
その後も、心配しながら報道は見ていたけれどまさに対岸の火事。
私の日常は変わりませんでした。

2011年の東日本大震災は、東北の津波での甚大なる被害に比べればたいしたことではありませんが、大揺れを経験しその後の余震や携帯などに届く緊急地震速報におののき、計画停電に生活は制限され、スーパー等の店頭ではお米や水などの買い占めがおこり半ばパニックのような状態を目の当たりにしました。
生涯忘れることができません。

誰もが人生観さえも変わり、人間の死というものと様々な形で向き合い考える日々だったのではないかと思います。
あれから3年が経ちますが、被災地の復興は進んでいるようには見えません。

まだまだ多くの方が避難生活を余儀なくされています。
私は、神奈川でそれなりに日常生活を当たり前の日々を過ごしていて、被災地や被災者に何かができる訳ではないのですが、忘れないということも大切なことだと思っています。
被災地が産地の農作物や魚介類などは、購入するようにしています。
三陸のわかめが戻って来たなぁと、スーパーでひとり喜んだりもします。

福島原発の問題など、解決していないことは多くあります。
それでも、これからもあの日を忘れず被災地と被災者に想いを馳せながら、私は私の人生を生きたいと感じています。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

|

« ろう者と共に防災訓練 | トップページ | 悲喜交々 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/59276160

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地に想いを馳せて。:

« ろう者と共に防災訓練 | トップページ | 悲喜交々 »