« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の投稿

2014.07.25

『イタリア語通訳狂想曲 シモネッタのアマルコルド』

イタリア語通訳狂想曲 シモネッタのアマルコルド (文春文庫)

久々に本のご紹介。
私が敬愛するイタリア語通訳者の田丸公美子さんが、NHKのイタリア語講座のテキストに書いていた連載をまとめた本の文庫です。
通訳者としての心構えや異文化とどう対峙するかなど面白いなかにも、考えさせられることや手話通訳にも通じるエッセンスがいっぱいです。

通訳現場での失敗もあれこれ記されていますが、特に考えさせられたのは日伊通訳40年ほどのベテランの田丸さんでさえ、第二言語として学んだイタリア語の[R]と[L]の発音の聞き分けには苦慮するし、ご自身の発音にも自信がないと書いてあることに、驚きつつ妙な納得をしてしまいました。

日本語の発音にはRとLの区別がないので、自ずと子供のときにその聞き分ける細胞がなくなってしまうため、どんなにおとなになって訓練しても聞き分けるのは難しいそうです。
ネイティブではない、第二言語習得の壁なんでしょうかね...。

振り返って、手話はどうなんだろうと思ったときやはり、どんなに努力してもネイティブサイナーやコーダのようにはなれないのが、聴者の手話学習者であり手話通訳者なんだと思います。
RとLの発音が難しかったり、自分で発音できないように手話も、ネイティブの手話のNMMを見落としたり、ネイティブじゃないと使えない語彙があったりというのはもう、いたしかたないんだろうなぁなんて思いました。
聴者なまりの手話で、どこまで見やすい表出をできるのかとネイティブサイナーのNMMや手話表現をいかに読み落とさずに、日本語に翻訳できるのかが聴者通訳者の役割なのかなぁ....。

なんてしみじみ考えました。
本の内容は笑えるエピソードが盛りだくさんなんですけどね^^

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.24

かゆいっ!

いつの間にか梅雨も終わり、毎日暑いですっ(>_<)
でもって、ブログを始めて過去最悪のペースの更新でございます^^;;
ちょっとしたことは、ツイッターやFacebookに投稿しているのですが、ブログを書くにはちゃんと自分と向き合って感じた出来事などを思考し、文章を書いているので時間がかかりなんとなぁくPCを開かずにいたらこんなに間があいてしまいました(汗)

今はiPadやスマホがあるので昔のように、PCを毎日開かなくてもいいんですよねぇ...と、言い訳をつらつらと書いてみました^^;;
実は今週は春学期の試験があり、色々さぼっていた私はいま必死になってがんばっています^^;;
やるべきことが山積してたいへんな状態ですっ!!

でもがんばっています〜。
家族には大迷惑をかけていますが...。
感謝ですー。

そして、夏と言えば蚊!!!
今年はいつになく、絶好調に毎日1カ所くらいさされています(>_<)
どうしたらいいのかしら〜。
しかも、めっちゃかゆくて大きく腫れるんです。

元々、私は蚊のアレルギーがありさされると重症化するタイプだったのですが去年はそんな体質が嘘のように、さされても1日できれいになったのに今年はひどいです。
体質が戻ったのか、さす蚊の種類なのか謎ですがかゆくて虫さされの薬が手放せません^^;;

みなさまも、暑い夏は熱中症や蚊、局地的な豪雨などなどお気をつけてくださいー。
ちょっとがんばって、残りの7月はがんばって更新しようかなぁ...。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.11

思いがけず...。

台風一過の暑い関東となりました。
もう梅雨明けでしょうか?^^;;
暑い!!!

台風のおかげで(?)思いがけず、1日お休みになりました^^
急に降ってわいたお休みだったので急ぐ予定もなく、のんびりと溜まった家事やその他諸々用事がたせました。

ここのところ本当に忙しくて、仕事も大学もてんやわんや...(>_<)
大学はもうすぐ試験もあるしあーでもないこーでもないと日々悩みながらがんばっています^^;;
今、いくつか私が企画した行事の準備が進行しています。
今日はそんな行事の内容の整理や打ち合わせなどができてよかったです。
でも、試験勉強は進んでいない...汗。
がんばりますーー。

思いがけず...といえばここ数日友人と盛り上がっているのが、LINEのスタンプ。
手話関係のスタンプがどんどん増えています。
米内山明宏さん監修のものもあれば、全日本ろうあ連盟青年部が作ったものもあります。

これからまだまだ増えそうです。
指文字のスタンプもあります^^
LINEを使っている方は、スタンプショップで「手話」で検索してみると色々でてきますよ(^^)

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.06

『3.11 あの時を忘れない』

311

2ヶ月くらい前から、色々なところで密かにPRされていたのでご存知の方も多いと思いますが9月13日にNHK手話ニュースのろう者キャスター全員が出演する手話朗読『3.11 あの時を忘れない』が開催されます。
主催は東日本大震災を手話で語り継ぐプロジェクト。
この公演の収益は、11月に宮城県で行われるチャリティ手話朗読の経費になるそうです。
いわば、この公演を観ることは被災地支援にもなる...のでしょうか。

前売りチケットは昨日、7月5日に発売受付が始まりました。
友人と相談して、昨日申し込みはすませたのですが、なんと!!1日にして今日はもう完売なんだそうです。
なんてすごい人気なんでしょう^^;;
びっくりしました。

地元の手話サークルでも紹介したのですが、まさかこんなに早く売り切れてしまうとは思いませんでした。
超プラチナチケットですね^^;

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第14回日本手話教育研究大会

気がつけば7月に突入して、七夕が迫っている今日この頃です^^;;
今日は雨の中、休日にしては早起きをして国立オリンピック記念青少年総合センターへ行ってきました。
タイトルにあるように、第14回日本手話教育研究大会が開催されるということで行ってきました。

午前中は言語学者のお立場から、手話言語に関する基調講演。
午後はろう者の研究発表は3つありました。
どれも興味深かったのですが、今回参加して一番良かったなぁと思ったのは午前中の基調講演の際、講師は言語学者である聴者の大学教授ということもあり、通訳が準備されていたのですが聴者の手話通訳者は舞台に立たず、客席側の最前列にいました。

イメージとしては、読み取り通訳の時と同じような感じです。
聴者講師が話す音声を、舞台に向かって座った状態で通訳をするわけです。客席に対しては聾者の通訳者が、それを見て舞台上で通訳をするという方法で通訳がありました。

最近、日本でも話題の「聾者通訳者」による通訳です。
聾者の通訳は、木村晴美さんと野口岳史さんという手話ニュースキャスターとして日頃、書記日本語の原稿を日本手話に翻訳しているお二人でした。

専門的な内容をわかりやすく、かといって情報量が等価になるように工夫された通訳だったと思います。
正面で通訳をしていた聴者の通訳者も、ベテランで日本手話で通訳できるすばらしい方たちでしたが、ろう者通訳が会場に向けて通訳した方が、きっと参加している聾者にとってはわかりやすいものだったの思います。

こうやって、日本でも少しずつ聾者の通訳者が増えていくといいなと思いました。
それに伴い、私たち聴者の通訳者の役割も違うでしょうし昔のいい方だと「ミラー通訳」と言いますが^^;;最初に音声を聞いて聾者通訳者へ通訳する、聴者通訳の技術も今までの通訳方法とは違ったスキルが必要になるのかなぁなんて思いました。

発表内容もですが、聾者の通訳を見られたのが本当に良かったです。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »