« 『キャロリング』有川浩 | トップページ | 『阪急電車』 »

2014.12.04

手話通訳者の技術

「手話通訳者の技術」と一言で言っても、その技術は多岐にわたります。
手話の表現技術、読み取り技術、翻訳技術、対人援助技術、専門知識...などなど。
または、周辺の様子を察知して臨機応変に対応することも技術のひとつではないかと思います。

最近、それなりのベテランの通訳さんと知り合う機会がありました。
通訳の様子も拝見したし、打ち合せなどでお話も何度かさせていただいたのですがそこで改めて思ったのが、「通訳経験が長いこと=よい通訳者ではない」ということ^^;;

その方、かなりキャリアがあるのではないかと思います。
でも、手話通訳者としてめざすところが私と違うというだけかもしれませんが反面教師的な側面が多く見られました。
なかなか文章にしにくいのですが、長くやってれば上手くなるなんて神話だということですね^^;;

やはり日々の努力が必要なんだなぁ...。
通訳者としての立ち居振る舞い、応用力、通訳や表現力などどれも学ぶ気持ちがなければいけないんだなぁと改めて感じたのでした。

私は私の信じる道をめざそうと思います。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

|

« 『キャロリング』有川浩 | トップページ | 『阪急電車』 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/60759540

この記事へのトラックバック一覧です: 手話通訳者の技術:

« 『キャロリング』有川浩 | トップページ | 『阪急電車』 »