« 理想の手話通訳者像 | トップページ | 市町村の設置通訳者 »

2015.03.07

日本手話通訳士協会 研究紀要2014

恐ろしいことに、今年も2ヶ月がすぎすでに3月!
年度末です^^;;
花粉症も絶好調で、毎日鼻水垂らしながら日々を送っています。
目も痛いし(>_<)

さてさて。
先日、日本手話通訳士協会・日本手話通訳学会の研究紀要が届きました。
「日本手話通訳学会」と言っても、通訳実践の「報告」的な内容が多く大学等の研究機関が考える「研究」とは異なるものだという印象だったのですが、昨年までと違い今年の紀要はかなり面白かったです。
今年度の紀要には査読付き論文が3点掲載されていました。
通訳士資格を有する研究者も少なからずいらっしゃるので、そういう方々を見習って回を重ねると真の意味で「手話通訳学会」になるのかもしれないなぁなんて思いました。
やはり、継続は力なり...でしょうか。
紀要に刺激を受けつつ、私もがんばらねばと思いました。

それにしても、早く花粉シーズン終わらないかな^^;;
薬の影響と鼻水で集中力が落ちる季節なので、色々と気をつけたいと思います〜。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

|

« 理想の手話通訳者像 | トップページ | 市町村の設置通訳者 »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/61241864

この記事へのトラックバック一覧です: 日本手話通訳士協会 研究紀要2014:

« 理想の手話通訳者像 | トップページ | 市町村の設置通訳者 »