« 始動! | トップページ | 日本語力UP! »

2015.04.16

Demand control schema

昨年あたりからあちこちで見聞きする、Demand control schemaということば。
通訳現場で通訳者としての状況判断をするスキルと言えばいいのでしょうか。
こちらのサイトに詳しく書かれています。

漠然と行っていた通訳現場での判断が、きちんと業務のなかで通訳者の責務として行うという考え方に、妙に納得したり、自分が行ってきたことを振り返り今後の通訳活動の指標を示してもらえたような気がしています。

もう少し詳しく学びたいなと思いますが、日本ではまだ学ぶ場がないのかなと思いますが、手話に限らずすべての言語の通訳者に通じることなので、広がって欲しいなと思います。
...と、言うことでテキストを注文してみました)^^;;

円安なので、高かった〜(>_<)
アメリカからの送料も高かった!!
テキスト、私の英語力で解読できるかどうか...汗。

がんばって読んでみます〜。
最近、お気に入りの本は「コミュニティ通訳―オーストラリアの視点による理論・技術・実践」です。
手話通訳のお話ではなく、英語通訳のコミュニティ通訳に関する本ですが手話通訳にも共通することが多くあります。
とても参考になります。
ちょっと高いですが、通訳者や通訳をめざしている方におすすめです^^

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

|

« 始動! | トップページ | 日本語力UP! »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/61435856

この記事へのトラックバック一覧です: Demand control schema:

« 始動! | トップページ | 日本語力UP! »