« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の投稿

2015.04.30

『命・生きる力』

折鶴プロジェクト企画の「命・生きる力」を観てきました。
この企画は、70年前に広島に原爆が投下された時に2歳で被爆しその10年後に、生きたいと折鶴に思いを込めつつも亡くなった「禎子さん」と東日本大震災のときに南三陸町の防災センターから町民に防災無線で避難を呼びかけ続けた町職員で、津波で亡くなった「未希さん」という2人の想いを伝えることをテーマにしたものです。

この舞台では、手話や音楽、朗読などが盛り込まれ誰もが楽しめるというふれこみで、聾学校と盲学校生徒300人を舞台「命・生きる力」に招待したいということで、クラウドファンディングも立ち上がっていました。(LINK)
情報保障がある舞台をぜひとも特別支援学校の生徒にも見てほしいと、趣旨に賛同した方たちがたくさん集まりクラウドファンディングは成立しています。
私も寄付をした1人です。
クラウドファンディングの結果いただいた招待チケットで観てきました。
生徒が300人もいたかは分かりませんが会場はほぼ満席で、2階席もけっこう埋まっていたと思います。

出演者一人一人は、良かったと思います。
特に、手話に関わる私はろう者の役者さんたちの手話に魅せられました。
庄崎さんの手話は格別に魅力的でした。
ろう者の庄崎さんと、盲人の打楽器演奏をしていた方(お名前分からず申し訳ないです...)のコラボがとても印象的でした。

初めての試みだというユニバーサルイベントで、出演者もスタッフの皆さんも色々と大変だったことでしょうが、コンサートや舞台をたくさん観ている目の肥えた目線から見ると残念なところもいくつかありました。
素人の私がいうのもおこがましいのですが...。

まずは、冒頭に流れた東日本大震災の被災地と広島を繋ぐものについての映像。
映像に出てくる、禎子さんの甥の佐々木さんのコメントやその他の会話には、字幕がついていましたがナレーション部分には字幕が全くなく、ナレーションがあったことさえも聴覚障害者には分からなかっただろうと思います。
あのナレーションには、要約でも字幕があると良かったなと思いました。

それから、舞台中央にあった千羽鶴。
未希さんのストーリーのときは防災センターの設定で使われていたのですが、いずれも演出の関係で上にあげるとはいえ、いくつもの黒い紐がずっとスクリーンのど真ん中にあってスクリーンが見にくかったのが残念でした。

最初に出演者みんなが次々と出て来て、「命・生きる力」と映像の中で手話を出していましたが水戸さんの顔がスクリーンの真ん中に現れたとき、紐が重なり顔に縦線が入っていましたし、未希さんの写真も真ん中に投影されたので、結果的には客席からは紐が写真に重なってしまっていて残念だったと思いました。
舞台の都合や色々あってのことでしょうが...スクリーンはちゃんと見えた方が良かったかな...と。
「INORI」という歌の手話は、庄崎さんと水戸さんとで表現が全く違いました。
個人的には、庄崎さんの手話の方が意味が伝わって来て良かったです。せっかく同じ舞台に立っているので、同じ手話表現ができたら良かったような気もしますが、聴者が庄崎さんのような表現はなかなかできないですよね^^;;;

舞台の両はじに、台詞やトークの文字情報があったのは良かったです〜。
舞台を見たくてもなかなかアクセスしにくい人たちには、文字情報や音声ガイド付きというのはとってもすばらしいと思います。
音声ガイドがどんなだったのかは聞いていないので分かりませんが、今後も様々な公演に広がるといいなぁと思います。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.26

ネパールでの大地震

ゴールデンウィーク前半。
どどんと連休のかたも沢山いるのではないでしょうか。
私は仕事はカレンダー通り。
あとは、大学の講義がちょろちょろあります。
楽しみは友人と久々に会う約束があることです。
そんな連休前のこの時期に、ネパールでの大地震のニュースが飛び込んできました。

日本人の被害者も出ているようです。
東日本大震災を経験し、今なお復興に向けてがんばっている日本は、ネパールに何ができるのでしょう。

まだまだ、被害の全容が見えないのですが、余震もあるようで心配です。
ゴールデンウィークだと浮かれていましたが、最近の地球上での自然災害はなんとも酷いような気がして気になります。

地球は、日本はどうなっていくのでしょうね。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.24

「舟を編む」

遅まきながら「舟を編む 」を読みました。
本当に、今更...って感じです^^;;

話題になったのは3年くらいまでしょうか。
映画にもなりとても人気のある作品で、辞書を作ることが物語の核になっているというくらいの知識はあったのですが、映画も見ておらず(というか、小説で先に読みたかった)気がつけば2015年...。
まったくもってすっかり出遅れておりますが、ようやく手に取ることができました。

純粋におもしろくて、一気に読んでしまいました。
最近は辞書も電子辞書を使ってしまう私ですが、この作品を読んでもう一度紙の辞書を手に取りたくなりました。

タイトルの「舟を編む」ですが、読む前は辞書を作る話なのにどうして「舟」なんだろう...と思っていたのですが、作品を読んでなるほどと納得しました。
作者の三浦しをんさんの着眼点が本当にすばらしいと思ったのと、小説なので多少のデフォルメされているかもしれませんが、それでも辞書編纂の苦労とこだわりが垣間見えて頭がさがります。

通訳者はことばの職人であれ...作中人物の台詞をみるにつけ自分はことばの職人になっていないなぁと反省してしまいました。
もし機会があれば、実際に辞書を編んでいるかたとお話してみたいです!

それにしても...。
最近はなかなか読み進まない専門書や、論文ちっくなばかり渋々(?)見ていたので小説の読みやすいこと!
久々に読書の楽しみを味わいました。
やっぱり好きな本を読みたいです^^;;

とりあえず、学校が終わるまでしばしがんばって資料を読みあさります...汗。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.23

神奈川県手話言語普及推進協議会

以前、こちらの記事で神奈川県が一般公募している手話言語普及推進協議会委員について書きましたが、昨日付けで結果が公表されました。(手話言語普及推進協議会の委員公募の結果について

24名の応募者の中から2名が決定したようです。
公募で決まったお二人の他に、県のろう者団体や通訳者団体及び行政の障害福祉関係者等々から構成されるそうです。
神奈川県手話言語条例という器は整いましたが、その中身はどうなるのかはまだまだわかりません。
4月から条例は施行されていますが、3月までと何かが変わったということもなる内容は今後、手話言語普及協議会で議論されるのだと思います。

「条例があるばっかりに、手話が一人歩きして歌詞通りの手話歌や声付き手話ばかりが普及した」なんて後々言われないように、本当の意味で手話話者が暮らしやすく情報にアクセスしやすい環境を作るためのきっかけになればいいなと思います。
5年後の私はこの条例をどう感じているのかな...なんて思う今日この頃です。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.22

小田原市 手話通訳者募集!

3年間の任期付きですが、小田原市で福祉職として手話通訳者を募集しています。
手話通訳士か神奈川県の手話通訳者資格のある方が対象です。
募集は、20日に始まったばかりですが、締め切りや必要書類及び勤務条件などは、小田原市のサイトでご覧ください。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.20

届いたぞ〜

先日、アメリカのサイトで注文した本が届きました☆
意外に早かったですー。
送料が約17ドルだったので、2000円ちょい^^;;
本の代金は49.95ドルだったので6000円ほど。
高いなぁと思ったのですが、Amazonで購入したら最低で11500円だったので、まあ直接購入で正解だったかな^^;;

The Demand Control Schema: Interpreting As a Practice Profession

この本です。
5月の連休に読もうかと画策中ですが、レポートもやらないといけないし...まぁぼちぼちがんばります。
どなたか早く日本語訳を出版してください〜。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.19

1年です

4月19日。
私にとってこの日は忘れられない日です。
私の父の命日でもあるのですが、1年前には悪友とも言うべき親しかった友人が逝った日でもあります。
ただいま、朝の3時すぎ。

父が亡くなったのは夕方でしたが、友人が亡くなったのは明け方4時過ぎ。
あと1時間。
1年前の今頃は、彼女はICUで戦っていたんだなぁ...なんて思います。

遺作となってしまった、彼女の書いた作品集。
詩集です。
本当は自分の手で編集して自費出版するつもりで準備をしていたのに、4月13日の朝突然倒れてそのまま、19日に息を引き取りました。

突然のことで、気が動転して冷静な判断ができなかったなと1年前の自分を振り返ると思います。
彼女は手話で話す人...ろう者です。
年に何度か一緒に映画に行き、月に一度は何かしらで顔を合わせ、バカ話をし、喧嘩もし、好きなこと言い合っていたまさに「悪友」。
会わないときはメールだLINEなどでわいわい連絡を取り合っていたのに、そんな友人が突如心肺停止で救急搬送されたのに、私も他の友人も冷静な判断ができなくて「心配停止」なのに「大丈夫。助かる」と信じていました。
またバカ話ができると本気で信じていました。

3日たち、4日たち...「心肺停止」の状態と人工的に心臓を動かしていることをあらゆる方法で調べて、調べてなんとなく現実を受け入れられた頃、旅立った彼女。
1年も会っていないのに、またひょこり会えそうな、まだいなくなっていないようなそんな気がします。

今日は1周忌なので、1年前彼女が逝った時間までは起きていようと思います。
父が亡くなったのは11年前。
友人とぴったり10年違いなんだなぁ...。

4月19日は私が生涯、忘れられない日であることにはかわりありません。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.18

マスキングテープ

ここ何年か巷ではマスキングテープが流行っているのは多くの方がご存知かと思います。
大流行!!とまでは行かなくても密かなブームと言えるのかなぁと思います。
マスキングテープ...略してマステ(笑)
「ステマ」ではないのでご注意ください^^;;

マスキングテープは元は、養生テープなんて呼ばれていて塗装作業などをするときに保護することが目的な地味な(当たり前^^;)無地の、粘着力があまりないテープでした。
いや、今も本当の目的はそうなんだろうと思います。
その歴史は意外と古いみたいです。

ところが、いつの頃からかわいいデザインのマステが登場し女子に人気の「雑貨」となって今に至ります。
味気ない作業用のテープをかわいい雑貨に変身させたのはどんな方なんでしょうね〜。
いやいや昨今のマステブームはすごいです。

最近は「マステ女子」という言葉もあり、マステを使って様々な雑貨を作ったりネイルをマステでアレンジしたりその広がりは本来の目的を超越しています。
私は「マステ女子」ではないのですがスマホをマステでコーティングしたり、手帳やカードに使ったり職場のメモ等につかったりという程度に愛用しています^^
そんな私でも30個〜40個くらいのマステは持っています。

去年、突如マステにハマった友人は「マステ狩り」と称するマスキングテープ探しの旅をライフワークのひとつとしていて、マステのコレクター状態になっています^^
マステ女子は、珍しいマステは仲間と交換したりもするそうで彼女の影響で私も雑貨店へ行くとマステチェックするようになりました(笑)
で、珍しいのはあげたり、友人と一緒にでかけるとちょっと時間があれば文具店や雑貨店でマステを見るのでつい一緒になって買ってしまったり(笑)

マステ業界、どんどん進化していてご当地限定マステなんてのも各地にあるそうです。
私も倉敷意匠というところの倉敷限定マステを持っているのですが、この限定品は「マステ女子」にはとても喜ばれます。
マステ業界では倉敷は「マステの本拠地」とまで言われる、エリアです〜。
どんな業界も奥が深い!

我らが横浜にも限定マステがあるそうで、赤い靴の女の子のマステはうっかり以前購入したことがあるのですが、今日は友人から別の限定品をもらいました☆

Picsart_1429378008544

これは「ウッドデッキ」をモチーフにしたマステだそう。
ぱっと見、ステンドグラスかな..とも思ったのですが(笑)
言われてみれば確かにウッドデッキです。

Picsart_1429378283562

そんなわけで、今年に入ってから増えたマステが上の写真のような感じです(笑)
マステ専用ケースも増殖中...。
友人のマステ熱が落ち着いたら、私が影響されることも少し減るのかなと思います^^
「マステ狩り」もなかなか楽しいんですけどね☆
マステに限らず、文具が好きな人にとって、雑貨屋さんや文具店は天国ですから〜♪

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.17

日本語力UP!

先日、手話サークル後のファミレスで手話通訳者3人でいかに通訳者として日本語を磨くか...なんて話をまじめにしてみました(笑)
第一言語の技量以上に、第二言語は育たない...。
つまり、日本語力がないと手話力ものびないということになります(^^;;

通訳者は異なる2つの言葉を使いこなせて、2つの文化をも熟知すべき...ということは重々承知していますがこれがねぇ...なかなか難しいっ。
特に「文化」は難しいです。
とにかく、通訳者は言葉の職人!!との意識を持たなくてはと思う訳です。

でもって、語彙とかレジスターなど通訳者は日常的に考えて言葉を選べるといいななんて思います。
語学力は日々の積み重ねが大切なので、第一言語である日本語を磨くには注意して日本語を使う努力が必要なのだと思います。

本を多読するのも良いかもしれないし、毎日文章を書くのも良いかもしれません。
そう思って、意識してブログを書いていたはずの私ですが最近めっきりサボり気味^^;;;
見聞きしたこと、学んだことなど自分の中にインプットしたことをきっちり定着させるにはアウトプットは重要なので、自分の頭を整理することも兼ねてブログは続けたいなぁと思っています。

そう...なんとなく思ってはいたのですがお茶しながら、日本語力の話をしつつ改めて思ったのでした^^;;
手話通訳者にとって手話が分かるとか表出できるというのは、もちろん大事ですがそれ以上にやっぱり日本語だなぁとつくづく思います。
正しく理解するためにも、ろう者の手話を見て正しく分かりやすい日本語へ訳する為にも日本語の力が必要です。
亀の歩みではありますが、今年度もがんばりたいと思います。

ま、気合いだけは十分なんですけどねぇ^^;;;

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.16

Demand control schema

昨年あたりからあちこちで見聞きする、Demand control schemaということば。
通訳現場で通訳者としての状況判断をするスキルと言えばいいのでしょうか。
こちらのサイトに詳しく書かれています。

漠然と行っていた通訳現場での判断が、きちんと業務のなかで通訳者の責務として行うという考え方に、妙に納得したり、自分が行ってきたことを振り返り今後の通訳活動の指標を示してもらえたような気がしています。

もう少し詳しく学びたいなと思いますが、日本ではまだ学ぶ場がないのかなと思いますが、手話に限らずすべての言語の通訳者に通じることなので、広がって欲しいなと思います。
...と、言うことでテキストを注文してみました)^^;;

円安なので、高かった〜(>_<)
アメリカからの送料も高かった!!
テキスト、私の英語力で解読できるかどうか...汗。

がんばって読んでみます〜。
最近、お気に入りの本は「コミュニティ通訳―オーストラリアの視点による理論・技術・実践」です。
手話通訳のお話ではなく、英語通訳のコミュニティ通訳に関する本ですが手話通訳にも共通することが多くあります。
とても参考になります。
ちょっと高いですが、通訳者や通訳をめざしている方におすすめです^^

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.13

始動!

私が所属している色々な団体もほぼ総会が終わりました。
手話サークルの総会も終わり、新しい体制でスタートです。
私がいるサークルでは、役員は1年ごとに選出しますが、地域によっては、2年任期のサークルもあるようですね。

昔は役員は大変!!と、なかなか成り手がいなかったのですが、最近では比較的簡単に役員が決まります。
立候補も少なくありません。
それが、うちのサークルの良いところだと思っています。

「お客さん」ではなく、皆で参加するサークル。
だからこそ、ろう者も集まってくれるし会員数も毎年増えているのかもしれません。

ゆる~いサークルで、居心地がいいんですよね。
何だかんだと、私も10数年役員を何かしらやっています(≧∇≦)

できることを、無理なくできる範囲で皆で分担してこれからも続けて行けたらいいなと思います。
新役員の皆様、1年間よろしくお願いしまーす❤

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.05

第1回手話学セミナー

日本手話学会の会員の端くれ...な私です。
会員なので、できるだけ学会主催行事には参加するようにしています。
今日は今年度1回目のセミナーということで、日本手話と日本語対応手話の違い関する発表が2つありました。
発表者はいずれもろう者で、読み取り通訳が3名体制でついていました。

個人的には手話は手話のままで見たいという側面もありますが、「手話通訳者」としてはこうした学術場面での読み取り通訳に関心があるので、通訳者目線で日本語を聞いてしまったり...耳を塞いでみたりと色々しながら、内容も勉強になり通訳に関しても色々学ぶことが多くありました。
もし自分がマイクを持っていたらどう訳出するのか...そんなことも考えました。
通訳お疲れさまです^^;;

さて、日本手話と日本語対応手話はどこで区別するものなのか...。
日本手話は日本語とは異なる言語体系があり、日本語対応手話は日本語の文法に即したものであると言えるわけですが、マウジングや日本語借用もありはっきり区別しにくいというお話もありました。
また場面に応じて日本手話ができる人が対応手話っぽくなることがあるけれどそれは対応手話なのだろうか...など。

色々興味深い話があり盛りだくさんでした。
手話だけに特化せず、他の音声言語と手話を比較してどうなのかとか、ろう者と聴者を比較してどうなのか...などいろんな視点での研究提案もありとても勉強になりました。

そして今日、改めて思ったのは私は、聞き取りより読み取りの方がいいなぁ...ということです。
今日の内容を読み取り通訳しなさいと言われればそこそこにはできたと思います。
(そこそこってどんなクオリティだろう...汗)

でも、今日の内容がもし聴者の発表だったとして聞き取り通訳をしなさいと言われたら私はお手上げです。
ろう者に伝わるような表出はできないように思います。
やっぱり難しいよ〜〜。
私の第一言語は日本語だもの...。

そんな訳で、もっと勉強しないとなぁと再認識しました。
がんばろうっと....。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.01

『うごく作品』vol.1

4月になりました。
慌ただしく1日が終わる4月1日。
今年もエイプリールフールだとつい忘れて夜になりました^^;;
年度初めは忙しいです(^^:

さて、行事目白押しの年度末から年度始めではありますが忘備録として...。
先日、『うごく作品』vol1を見てきました。
出演者は今井彰人さん、數見陽子さんの2人だけ。
かといって2人芝居というわけではありません。

定員12名。ギャラリーの1室できゅっつと来場者と出演者が接近して行われる「動くアート」とでもいいますか...。
音楽も台詞もない空間で視覚的な動きのみで、色々な表現がなされました。
斬新な感じです〜。

今後、第2弾第3弾と予定があるようです。
終わった後は、出演者と一緒に用意されたお茶とお茶菓子でミニ交流があり終了という流れのちょっと珍しい作品でした。

年度末、ちょっぴり一息つけた良い時間でした。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »