« 母の日。 | トップページ | 『えほん障害者権利条約』 »

2015.05.13

筋金入りのデフファミリー

私の友人の1人に、筋金入りのろう者家系の人がいます。
本人も兄弟も両親も祖父母も曾祖父母もろう者という家柄。
曾祖父母のその前がろう者かどうかは確認していませんが...^^;;
とにかく筋金入りのデフファミリー。

友人はとても頭がよくコミュニケーション力も高いので、手話ができない聴者とは筆談もするし、手話学習者とは対応手話でも気軽に話せるタイプです。
ろう者同士では日本手話を使っていますが、私としては見慣れているので特にデフファミリーを意識したことはありませんでした。

ある日、私は友人のご両親や叔母さんに会う機会があり、なぜだったか忘れたけれど私は友人のお父さんと
車の後部座席に座ってお話しながら移動しました。
みんなでいるときは割と寡黙(?)なお父様でしたが、車に乗ったらまぁしゃべるしゃべる(笑)
昔、神奈川で仕事をしていたこともあったらしく色んなろう者の名前や当時の思い出がわんさかでてきました。
これが見事な、魅力的な「手話」。
しかも、口形がほとんどない!!
マウスジェスチャーはあったと思うのですが、日本語借用のマウジングはゼロ!
びっくりしました。
でも、分かるから不思議です。

車で走っていて、ある不思議な建物があったのでお父様になんの建物か質問したら日本語ゼロで答えてくれました。
私も日本語でなんというのか、名前は思い浮かびませんでしたがお父様の説明で建物の目的や用途はよく理解できました。

改めて代々ろう者の家庭の手話を見せつけられたというか、魅せられたというか。
手話という言語は、今は多くの日本語借用があるけれど借用がなくても成立するし私くらいの手話レベルでも、ちゃんと手話を手話として理解することはできるんだなぁとしみじみ思いました。
あのマウジングが殆どない、魅力的なろう者の手話を日本語に翻訳する...となると正直お手上げです^^;;

日本語を考えないから理解できるし、会話が成立したんだと思います。
友人とはまたちょこちょこ会う機会もありますが、今風(?)の手話なのでマウジングもたくさんありますし、日本語借用もたくさんあります。
でも、あのお父様の表現はなんとも不思議な魅力のあるものでした。
またお会いしたいなぁと、ここに書いておこう(笑)

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

|

« 母の日。 | トップページ | 『えほん障害者権利条約』 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/61584657

この記事へのトラックバック一覧です: 筋金入りのデフファミリー:

« 母の日。 | トップページ | 『えほん障害者権利条約』 »