« 『通訳とはなにか』 | トップページ | みんぱく手話言語学フェスタ2015 »

2015.09.14

刺激的な日々

先日、手話サークルで大きな行事を開催しました。
サークル会員が投票で決めた著名なろう者をお招きしてお話を伺ったり、サークル会員が様々な運営や準備を行ったりする、手話サークルとしてはなかなかのビックイベント。

他の地域の方からは、会員の皆が楽しそうで良かった、サークルに入りたくなったという温かいお言葉をいただきました。
中には、著名な方の話を長く聞きたいからサークル会員話は無くていいなんていう辛辣な本音?もありましたがご愛敬(笑)

あのイベントは、いつもは同じろう者としか関わらない会員も、オープンな雰囲気で色々なろう者と出会ったり有名なろう者とも話すことで更に手話を学ぶモチベーションを強化する意味があるのです。

サークル会員が、たくさんの人前で話すことや、ろう者に通じるように手話で話すこともサークル活動の学びだし、恥を忍んで通訳することもサークル活動の学びのひとつです。
いわば実践の場です。

語学は使わないと上達しません。
こんな行事を始めたのはたしか、平成17年が最初です。
第1回目から10年たつわけで、そろそろ新しいスタイルに変えてもいいかもしれないなと考えています。

サークル会員が楽しめることを第一に。
でも、楽しいだけじゃなくろう者や難聴者を理解して共に学び活動でき、地域社会にアピールできる何かを。

さて、何がいいんだろ(笑)
周りを見渡すと、かつて一緒に勉強した仲間たちが様々な場で活動し、頑張っています。
そんな、色んなことに刺激を受けながら私は私にできることを頑張っていきたいなぁと思います。

また、新たなチャレンジの機会をいただきました。
ありがたいことです。
そんなことを思う、月曜の朝です。

|

« 『通訳とはなにか』 | トップページ | みんぱく手話言語学フェスタ2015 »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/62278133

この記事へのトラックバック一覧です: 刺激的な日々:

« 『通訳とはなにか』 | トップページ | みんぱく手話言語学フェスタ2015 »