« 日本手話学会 第41回大会 | トップページ | 今年の漢字〜。 »

2015.12.14

「うごく作品vol.3」

Dsc_1613

數見陽子さんと今井彰人さんのふたりによる舞台、、というかパフォーマンスというか、アートというか、、とにかく「うごく作品」を観てきました。
このシリーズ、次回は来年の4月に數見陽子さんと砂田アトムさんで上演されるようです。

「うごく作品」は手話がわからない人も楽しめる、真の意味での「作品」だと思います。
台詞も音楽もなく、うごくふたりを観て感性で感じるとでもいいますか、、。

観客の定員は今回は8名でした。
観客も巻き込んで作品を完成します。上演後にはプチお茶会もあります。

とにかく、体験しないと楽しさは伝わりません(笑)
次回は4月、その次は6月らしいのでまだ観たことがないかたは、ぜひ一度どうぞ。

|

« 日本手話学会 第41回大会 | トップページ | 今年の漢字〜。 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/62866728

この記事へのトラックバック一覧です: 「うごく作品vol.3」:

« 日本手話学会 第41回大会 | トップページ | 今年の漢字〜。 »