« TOTO来日公演 in Yokohama | トップページ | ちょっと嬉しいこと。 »

2016.03.11

『神様 2011』

東日本大震災から5年。
5年前のあの日、私はいつもと同じように仕事をしていました。
自分のオフィスは5階にあり、いつもと変わらず年度末の忙しさにばたばたしていました。
14時46分までは...。

この『神様 2011』という本とは、横浜市立図書館で出会ました。
東日本大震災から5年となるので、図書館で企画展示があり震災前の被災地と震災後の被災地の写真をそれぞれ掲示していたり、震災関係のDVDや書籍が紹介されていました。
その中で見つけたのかこの作品です。

震災前と震災後でどう日常が変わったのか...。
短編のほんわかした日常を描きながら、しっかりと震災後の変化を表現している作品です。
『神様』という作品が過去にあって、それが被災後だったらどうなるか...というような形で描かれているので、震災の前後で比較ができるようになっています。

5年前のあの日も金曜日でした。
今年も金曜日なんですね。
あの日、私も帰宅難民のような状態になりました。停電の中歩きました。
家がどうなっているのか不安でした。
東北の被災地と比べれば微々たるものですが、電車が止まり余震に怯え計画停電があり...私たちも被災者でした。
経験したことがないことの連続で、伝わってくるニュースはなんだか分からないことばが多くあり...。

5年の歳月で、防災意識が高まったとも言えません。
ただ漠然とまたあんなに大きな地震があったらコワいなと思いながら大ざっぱな備蓄食料をそろえたりしています。
でも、確実の震災の前後では「何か」が変わったように思います。
その「何か」は人それぞれだと思います。
この小さな物語はそんな人の為にあるような気がしました。

|

« TOTO来日公演 in Yokohama | トップページ | ちょっと嬉しいこと。 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

久し振りデス。

私は 今年は 3.11は バス中デシタ。

携帯打つ指止めて 1分間 黙祷しマシタ。
周りが 気にしていなかったから 分からないが ミンナも ココロ中 黙祷していたカモ?ですね。

投稿: Deaf・Kumiko | 2016.03.18 14:14

sunDeaf・Kumikoさん
お久しぶりです。
そうですねー。みんな心の中で黙祷していたかもしれませんね。
震災当時、東日本に住んでいた私たちは大なり小なり影響を受けたので色んな思いがありますよね...。

投稿: ドシル | 2016.03.18 20:22

店は グチャグチャ。

寒い場所(外)半袖。
スピーカーで 何か 言っている。分からない。
同じ店 スタッフ頼る。

ロッカーある8階までに 階段 上って下りた。
休みだった仕事仲間が 来てくれて 震えている私の 布?貸してくれた。

約4時間 歩いて 帰った。(地震時、実家暮らし。)

これから 約1ヶ月間 仕事なかった。←直すため 営業ムリ。

今 同じ季節に 仕事ない(休職中)とは まさか 信じられないですね。。。

投稿: Deaf・Kumiko | 2016.03.20 15:30

★ Deaf・Kumikoさん
色々大変だっのですね、、。
関東に大きな地震が来るかもしるないから、対応を考えたいですね。

投稿: ドシル | 2016.03.21 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/63326002

この記事へのトラックバック一覧です: 『神様 2011』:

« TOTO来日公演 in Yokohama | トップページ | ちょっと嬉しいこと。 »