« 『神様 2011』 | トップページ | 平成27年度手話通訳者全国統一試験 »

2016.03.26

ちょっと嬉しいこと。

3月は別れの季節...忘年会などなどがなんとなく続いている今日この頃です。
先週だったか、久しぶりに海外のろう者が2人来日し10人くらいでウェルカムパーティを行いました。
私は国際手話もASLもおぼつかないし、今回来日した2人の国の手話をほとんど分からないのですがなんとなくコミュニケーションを楽しみました(笑)

10人くらい集まった中に、何人か初めて会う方もいました。
みんなでわいわい飲んだり話したりしていて、ふと気がつくと参加の中で私だけが聴者だったことを知りました^^;;
でも、まぁ幹事のろう者はお店の人と難なくやり取りしているし必要があれば私を呼ぶだろうしと思い、特に何もせず、普通に飲み会の場を楽しんでいました。
そんな時、たまたま私の向かいに座っていた初めて会うろう者が「今日はみんなろう者ばかり集まったね」と言ったので「ごめん..私、聴者〜」と言ったらものすごーーーくびっくりしてくれたのです^^;
で、幹事のろう者に私をさしながら、「聴者なの!?ろうかと思った!!!!」と言ったら、幹事が「あ、そうだ!聴者だったの忘れてた。いつも手話で気軽に話してるからすっかり忘れてた(笑)」と言ってくれたのです。

手話を学ぶ聴者としては、ちょっと嬉しいことばでした。
いつも会うと話すわけですが、気を使わずにお互い「手話話者」として見てくれていたんだなぁと嬉しくなり、ますますがんばろうと思ってしまいました(笑)

その後、幹事は参加みんなに「忘れていたけど、彼女は聴者〜」と紹介してくれ(笑)、来日した2人とも通訳の話などちょっとだけしました。
いかんせん別の国の手話言語話者なので深い話はできません...私がもう少しできるようになればなぁ...汗。

|

« 『神様 2011』 | トップページ | 平成27年度手話通訳者全国統一試験 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

聴者が、ろう者勘違いされて、嬉しい心理?が、分からん。。。
『ろう者みたい。』『ろう者思った。』言われたいですか?

投稿: Deaf・Kumiko | 2016.04.01 21:09

sun Deaf・Kumikoさん
コメントありがとうございます。
ちょっとことば足らずだったかもしれないですね。
手話が「ろう者的だ」と言われたことが「ろう者みたい」と言われて嬉しいという意味です。
どんな言語でも、ネイティブと間違われたら嬉しいと思いますよ^^
もし私が英語を話して「アメリカ生まれ?」とか言われたら嬉しいですし〜。
ネイティブのように見えるなら、手話をみて「ろう者と思った」と言われたらやっぱり嬉しいです。

ろう者で例えるなら、日本のろう者がアメリカ手話で話していて、「アメリカのろう者と思ったら日本のろう者なの?アメリカ手話が流暢だね」ってことです。嬉しくないですか?

投稿: ドシル | 2016.04.01 22:30

なるほど。
確か、嬉しいですね☆

投稿: Deaf・Kumiko | 2016.04.02 21:30

sun Deaf・Kumiko さん
ですよね(笑)
ろう者だと思って話し手くれたってことは、そのろう者はストレスなく、自分の普段使う手話で話してくれたんだなって思うとそれも嬉しかったりします^^

投稿: ドシル | 2016.04.02 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/63399806

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと嬉しいこと。:

« 『神様 2011』 | トップページ | 平成27年度手話通訳者全国統一試験 »