« 『日本手話のしくみ練習帳』 | トップページ | ゴールデンウィーク☆ »

2016.04.25

魅力ある手話

先日、友人と一緒に1泊2日で千葉県へ行きました。
遊びではなく、とある目的があって行ったのですが、初日の夜に友人の古くからのろう者の友人と一緒にごはんを食べました。
一緒に行った友人が、中学生の頃に出逢ったというある意味(?)手話を始めるきっかけになったろう者です。
話には聞いていましたが、実際に会うのは初めて!

まぁ、盛り上がり6時間近くも話倒しました。
中学生時代の思い出話から、最近の話まで色々です。
声も出さず、バリバリの日本手話話者に見えるその方ですが、昔は対応手話だったそうです。
それが、あるきっかけで自分たちの手話に誇りを持って活動している若いろう者に出会い、「ありのままでいいんだ」という意識が芽生え、そこから使う手話も変わったということでした。

私はどうやって手話を覚えたのかと問われ、自分の手話との出会方やろうの友人たちとの出会いから通訳者を目指すきっかけになった出来事など、改めて話しました。
久々に自分の手話人生(?)を振り返った感じです。

私は聴者ですし、日本語対応手話の方が一見読みやすく表現しやすいような感じがしますが、日本語対応手話に魅力を感じないのはなぜなんでしょうね...。
ベースとなる文法が日本語だから日本語以外の言語を使っている意識がおきないのかな..なんて思います。
頭で考える話の流れも日本語で考えてしまうし。

でも、日本手話で話す場合は頭の中に日本語が浮かばないので楽だったりします。
通訳となるとまた話は別ですが...。
というか、ノンネイティブの私が使っている手話がいわゆる「日本手話」として正しい文法なのかどうかは自分ではなんとも分からないのですが^^;;
文法エラーが多いぞーと、ネイティブに指摘されることもあります^^;;
その辺り、ノンネイティブなので多少おおめに見てもらってるのかなぁ...。

とにかく、出かけた先で素敵な出会がありHappyでした。
そして、その翌日もまた別のとても魅力ある手話で話すろう者とお話する機会がありました。
ああいう自然な手話をどんどん記録に残していけたらいいなぁなんて思いました。

|

« 『日本手話のしくみ練習帳』 | トップページ | ゴールデンウィーク☆ »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/63534608

この記事へのトラックバック一覧です: 魅力ある手話:

« 『日本手話のしくみ練習帳』 | トップページ | ゴールデンウィーク☆ »