« そうだ!大相撲へ行こう⭐️ | トップページ | 音なき世界のサーファー »

2016.09.27

「婦人公論」10/11号

第2第4火曜日が発売日だという、「婦人公論」という雑誌をご存知でしょうか。
私は、書店の雑誌売り場などで目にしたことはありますが実は買ったことはありませんでした。
それなのに、昨日は仕事終わりに血眼になって書店とコンビニをめぐって探しました。
「発売日は明日です...」と言われて諦めましたが^^;;

そしてようやく手に入れた「婦人公論」10/11号。
この一般の女性雑誌に「ルポルタージュ・時代を創る女たち 木村晴美 ろう者であることの誇り 」という記事が見開き3ページで掲載されています。
長らく手話やろう者に関わっている人には、格別新しい情報はないかもしれません。
木村晴美さんの中学生時代の貴重な写真が掲載されていますが、情報としては木村さんの生い立ちや明晴学園の設立など既知の内容です。
でも、手話関係ではなく一般の女性雑誌にこんなに大きく掲載されるなんてすごい!と思いました。
丁寧に取材されたんだろうなと思います。

この記事を見て手話やろう者に興味を持ち始める人がいるかもしれません。
私がどっぷり手話に関心を持ったのも、この記事に出てくる「ろう文化宣言」が一つのきっかけです。
ろう者独自の文化があるというなら、その文化を知るためにろう者の手話を身に付けたい...そんな風に思ったのを覚えています。
リアルタイムでろう文化宣言を読んだわけではなく、その後何年か経っていたのだろうと思いますが。

歴史を変え、常に戦う印象があります。
私の周りにも常に戦っているろう者がいます。情報保障について、手話に関する無理解や誤解など戦いつづけなくてはいけないろう者は多いのかもしれませんね。
婦人公論 2016年 10/11 号 [雑誌]」まだご覧になっていない方は是非^^

|

« そうだ!大相撲へ行こう⭐️ | トップページ | 音なき世界のサーファー »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/64271131

この記事へのトラックバック一覧です: 「婦人公論」10/11号:

« そうだ!大相撲へ行こう⭐️ | トップページ | 音なき世界のサーファー »