« 音なき世界のサーファー | トップページ | 誰のため...? »

2016.10.09

日本ろう者劇団「清姫道成寺」

歌舞伎や浄瑠璃でも演じられる昔からある「安珍・清姫」の道成寺の伝説を題材にした日本ろう者劇団の公演を観てきました。
いわば、恐怖のストーカー物語、、、と言ってしまうと身も蓋もありませんが、元々のお話はそんな感じです( ̄∀ ̄;)

今回の公演は、演劇というよりストーリーをベースにしたパフォーマンスという印象でした。
作、演出は私も大好きな數見陽子さん。
衣装も演出も幻想的で、客席も円形劇場のように工夫されていました。
パフォーマンスと言っても、手話のセリフはあります。
聴者の為には、音声担当の役者さんが舞台下にいるのですが、舞台上は手話。
360度客席でどうするんだろうなんて思いましたが、なるほど!な手法でした。

ただ、芸術的過ぎてイマイチ私にはわからないところもありました。
元の安珍・清姫伝説にこだわりすぎると理解できないのかな、、と思いました。
安珍・清姫伝説はあくまでモチーフにしているだけで、今回の公演ならではの展開があります。
その辺りが見どころなのかな。

手話劇というイメージではなく、一部に手話を使うパフォーマンス。
リズム感があり、ダンスのようでした。
シアターχのサイトには、「 視覚言語と感覚表現で織り成す無の空間に非現実と現実の世界が交差する。和洋折衷の幻想物語。」と書いてあります。
言い得て妙!観て納得です。

明日が最終公演です。
僅かですが、当日券がでるみたいですよ。

|

« 音なき世界のサーファー | トップページ | 誰のため...? »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/64323784

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ろう者劇団「清姫道成寺」:

« 音なき世界のサーファー | トップページ | 誰のため...? »