« 日本ろう者劇団「清姫道成寺」 | トップページ | 修練しよう »

2016.10.16

誰のため...?

つい先日、某予算委員会では議員のどなたかが手話を「交えて」質問し、お答えする立場の方も手話を使われたと話題になっていました。
国会議員が手話を使うというのは確かに画期的なんだろうと思います。
世の中変わったなと思います。

でもひねくれ者の私は喜べませんでした。
誰のための手話なのか...。
映像を見ても私にはわかりませんでした。
質問内容も聴覚障害者スポーツにかかわるものではありましたが、全てに手話があるわけではなく一部にだけ手が付いていて、他は音声だけでしたしあの場には手話話者がいたわけではなく、テレビ中継用のパフォーマンスとしか私には受け取れませんでした。
そんなパフォーマンスするなら、国会中継全てに字幕と手話通訳を!!と、つい思ってしまいます(汗)

いや、画期的なのは十分承知してはいますし一生懸命手話を学ばれているという話も聞いてはいます。
そこはわかっているのですが、「善意」なら何をしてもいいのかというとそうではないと思います。
パフォーマンスでも結構、デフリンピックを東京でやってくれるなら何でも受け入れます...と、肝がすわっていればいいのですが、突然のことでそこまで受容もできず私の中ではモヤモヤしています。

手話の広がりは感じるのですが、一人歩きしている手話もよく見かけます。
言語は生物...移ろいゆくんでしょうかね。

|

« 日本ろう者劇団「清姫道成寺」 | トップページ | 修練しよう »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/64354044

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のため...?:

« 日本ろう者劇団「清姫道成寺」 | トップページ | 修練しよう »