« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の投稿

2016.11.29

「僕はガラス」



今回は絵本のご紹介です。
僕はガラス」という、東日本大震災を風化させないために描かれた小さな絵本です。

著者はプロの絵本作家ではありません。
民間企業を早期退職して、その後手話や字幕支援、地域の送迎ボランティアなど様々な活動をアクティブにしていた普通の市民。
今もなお、被災地支援の活動をしているそうです。
たまたまご縁があり、手話通訳者としての著者を知っている関係でこの絵本を知りました。
ろう者と関わる活動以外のことは、正直私は知らなかったのですがやけにアクティブな人だなぁと思っていたら絵本を出したとのこと...。
びっくりしたとともに、応援したいなと思いました。

年が明ければあの3月11日から6年となる3月がやってきます。
未だに被災地は復興しきれてはいないように思います。
誰もが被災地へ行って活動はできませんが、忘れずにいることはできるはずです。
「僕はガラス」...未曾有の震災を語り継ぐために、子どもたちに知ってもらいたいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.28

ゆず20周年突入記念弾き語りライブ「ゆずのみ」

東京ドームへ行ってきました。
ゆずの20周年目に突入するのを記念した、ゆずの二人だけで行われた弾き語りライブ「ゆずのみ」です。
横浜の伊勢佐木町で二人で弾き語りしながら始めた活動から行く年月。
来年はデビュー20周年とのことで、東京ドームで弾き語り。
ライブは5万人の客とゆず二人!!
ドームで弾き語りってどんなだろうって思いましたが、ゆずはすごいです。
事前収録の映像や、ビックリするほど大きな(24メートル!!らしい)城郭型灯籠「愛季」が登場して、灯篭の上で歌ったり、アンコールではスデージが会場中央になったりと、まあいろいろ趣向が凝らされていて楽しいライブでした。

何より、ゆずの二人歌がうまい!
ドームで、弾き語りであんなに歌が心にしみるとは!!
本当にすごいなぁと思いました。

ライブ本編のラストの曲、「夏色」の途中でTV番組「めちゃイケ」のメンバーがどどーんとやってきてすったもんだあったのもご愛嬌(笑)
楽しい時間を過ごしました。
ゆずのオールタイムベスト、買っちゃうような気がします^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.26

初雪〜

雪国育ちの私は、ちょっとやそっとの雪では驚きません^^
しかし、関東で積雪があると困るのが電車などの交通機関の乱れです。
こんなちょっとで止まっちゃうの〜〜〜と、思ったりもしますが仕方がありません^^;;

今年の関東の初雪は11月25日でした。
例年より、1ヶ月ほど早い初雪です。11月の初雪は50数年ぶりだとか...。
平野部での積雪は、明治8年以降の観測至上初の出来事だったそうです。
そんな歴史的な降雪の日、私は残念なことに(?)軽井沢へ行ってきました。

24日は晴天に恵まれ、楽しく散策できたのですが翌日は早朝から雪が降りあっという間に10センチ以上の積雪となりました。
ただ、雪を見ると道産子の血がさわぐ(笑)というのでしょうか、なんとも気持ちが落ち着いたりしてしまうのです。
建物も道も雪に覆われて、一面真っ白になった風景はなんとも圧巻でした。
そして、原風景を思い出すというのかなんとも懐かしい気持ちになりました。

雪を見るとワクワクしてしまうのは、道産子に限らず雪国育ちの方はそういう面があるみたいです^^
雪が降って電車が止まるのは困りますが、時々は雪景色が見たいなぁとも思ってしまうのでした...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.11

「通訳学入門」

11月もはや2週目...。
いやはや、慌ただしい日々を送っております。
今週のビッグニュースはなんといっても、アメリカの大統領選挙。
予想外のトランプ氏の当選に、アメリカ人ではないものの驚き叫びそうになった私です...。
まだまだトランプ騒動(?)は収まらないようですが...。

さて!今週は予てから読まなくては!!と思っていた「通訳学入門」を読み終えました。
この本は、私が師事する手話通訳関係の複数の講師から勧められた本で、少し古いものなので古本でしか販売されていないと言われていて、なかなか入手できないでいたものでした。

「通訳学」の中には手話通訳もしっかり含まれており、音声語の通訳のことと並列で手話通訳についても描かれています。
本当に「通訳」に必要な知識、トレーニング、倫理綱領、プロ意識など基礎から学べる入門書になっています。
マーカーを引きながら、付箋を貼りながら読みました。
少しでも自分の知識として身についているといいのですが...。
多分、繰り返し読むことになる1冊だと思います。

中古でもなんだか購入するには金額が高騰しているようですが、図書館にもあると思うので無理に買わなくても良いのでは...と思います。
でも、読んでみるとプロの皆さんが異口同音にこの本を推す理由がわかるような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »