« 今年の漢字 | トップページ | 「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」 »

2016.12.13

心のよりどころ

12月の初めにちょっと大きなイベントがあり、ここ1ヶ月ばかりバタバタドキドキしていました。
ようやく終わり、ほっと一息ついたらなんともう12月も半ばにさしかかろうとしています...恐ろしいっ。
今年ももうすぐおしまいですね。

今年は私にとってHappyというかなんというか、身が引きしますような出来事がありました。
私には何人かの尊敬する手話通訳者の先輩がいます。
神様のように遠い存在の方もいれば、あんな風になれたないいなと思う私にとってロールモデルのような方もいれば、様々です。

今年は、私が通訳者になる前から「すごいなぁ、いつかあんな風に通訳できたらいいな」と憧れていたある方と、縁あって一緒にお仕事をする機会がありました。
いつになくど緊張!!!の私でした。
はるか昔、私が通訳者を目指して学んでいた頃の師でもあるその方と、しばし昔話をして「よく覚えてるわねぇ」なんて話も盛り上がった状態で、いざ仕事。
平常心で臨みました。

終わってから、意外や意外お褒めの言葉を頂戴したのです。
欲をいえばさらにこうするといいというアドバイスとともに、私にとっては最上級の褒め言葉をいただき泣きそうになるくらい嬉しく思いました。
自信がない時、不安な時、進むべき道に迷った時にはその言葉を心のよりどころにして自分を信じて頑張ろうと思えました。
自分が「あんな風になりたい」と思うスタイルの通訳方法というか、ロールモデルはいてもそこへ辿り着く手段は誰も教えてくれないので、自分で模索してきました。
これでいいのか、こんな方法でいいのか自問自答しつつ、迷いがあったり、志が近い友人とあれこれ方法論を語り合ったりもしました。
そんな積み重ねの日々が、ほんのすこし報われた気がしました。
まだまだ至らないけれど、自分の信じてきて道は間違っていないしこれからも信じた道を進もうと、決意を新たにできたそんな出来事でした。

褒められ慣れていないので、褒めていただいても疑心暗鬼になってしまい、何か本音は違うところにあるのでは...と疑ってみましたが、どうやら本当に認めていただけたようでした。
次にお会いした時に、「あれは見込み違いだった」と言われないようにまた頑張りたいと思います。

|

« 今年の漢字 | トップページ | 「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

ドシルさんのたゆまぬ努力が報われた瞬間だったのですね。ちょっと心がくすぐったいけど、うれしいものですね。くじけそうな時に(よく凹みます・・)心のよりどころとなる人、師、言葉、大切ですね。
「日々精進」って言葉、以前ドシルさん書いてましたね、私もこの言葉を肝に銘じてます。

投稿: 白髪ねぎ | 2016.12.18 22:08

sun白髪ねぎさん
ありがとうございます。
たゆまぬ努力なのかどうかは疑問ですが^^;;
自分なりのささやかな努力(?)なのかなぁ...汗。
でも、憧れの人に認めてもらえると嬉しいですよね^^
モチベーションも上がります〜。

投稿: ドシル | 2016.12.19 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/64617607

この記事へのトラックバック一覧です: 心のよりどころ:

« 今年の漢字 | トップページ | 「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」 »