カテゴリー「手話いろいろ」の315件の記事

2016.09.11

第44回横浜市聴覚障害者の集い

朝から雨でどうしようかなぁと迷いつつ、サークルの他のメンバーも何人か行くと言っていたし...と思い、私もいざ西公会堂へ行ってきました。
今年の横浜市聴覚障害者の集いは、1部が米内山明宏さんの講演、2部が式典、3部が映画「LISTEN」の監督お二人のトークショーという構成でした。

最近の流行りなのか、要約筆記の字幕がステージ上にあり、話者を映し出した映像の下に字幕が出る格好になっていました。
友人の難聴者は見やすくて嬉しいと言っていました^^
が...なんだか、時折そのスクリーンに人が重なり字幕が見えない状態になることが何度もありました。
手話がわからない難聴者はちょっと気の毒だったかなと思います。

ステージ脇に要約筆記の文字情報があると視線がステージと行ったり来たりして見づらいという欠点があるし、ステージ正面にあると、舞台を行き来する際に文字が見えなくなるし..情報保障は色々難しいですね。
集いといえば、ロビーで色々なブースが出ます。
今回は、盲ろう者の作業所「わくわくわーく」の作品の販売がありました^^

点字用紙を再利用した封筒やブックカバーなどありました。
可愛らしくて色々買ってきました^^

14237471_1297106373656861_417169981

写真はブックカバーです。
点字が読めないので何を書いてるかはわかりませんが^^;;
ブックバンドもついて100円とお手ごろ価格。
友人にあげるのにいいなと思い、たくさん買ってきました^^

そして集いの帰りに、思いがけず大先輩の通訳者の方とご一緒させていただき短い時間でしたがあれこれお話しできて嬉しかったです。
「個」で活動する通訳者は、なかなか先輩..特に大先輩とご一緒する機会がありません。
ちょっとのことでも考え方、学び方を聞けるのは嬉しいです。
がんばろ〜なんて思っちゃいました。
また色々伺えたら嬉しいな^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.29

第27回手話通訳技能認定試験(手話通訳士)

気がつけば1月も終わり...。
1ヶ月はあっという間ですね。
さて、1月末といえば手話通訳士試験の合格発表があります。

今日のお昼、試験を受けた後輩からLINEがとどきました。
その内容に仰天!合格率2.1%!!
過去最低の合格率です。
受験者1,076人に対し合格者23人。
今年の合格者はたった23人...多いときは300人もの合格者がいたというのにこの差は何なんでしょうね。
今年の試験が難しかったのか、受験者のレベルが低かったのか、合否基準の変更があったのか..とにかくびっくりです。
この合格率を見たら受験する気、なくすだろうなぁ...。

過去の合格率で4%とか5%の翌年だってげっそりしたのに...。
ああ..今年受けていたら合格する気がしません(汗)
私が合格した時もそんなに高い合格率ではなかったけれど、しっかり2桁だったし^^;;
神奈川からは4名の合格者がいるという発表です。
合格した方、おめでとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.11.09

手話通訳仲間。

最近、親しい手話通訳者同士で通訳論的な話をあれこれする機会が多くなりました。
日本では「手話=福祉」という意識が今でも強く、未だに「聞こえない人を助ける為に手話学びたい」という人もいるようです。
一昔前に、「手話をやってるなんて、偉いわね〜〜〜」と言われることはなくなったような気がしていますがどうなんでしょうか。

私はよく、通訳仲間には「通訳1年目と5年目の差は大きいけれど、5年目と10年目の差は無い」と言い続けています。
いつまでも「私の方が後輩だから...」と遠慮するのはおかしいと思っているのです。
地域の登録通訳者であっても、通訳してお金をいただくならプロの通訳者です。
登録経験年数が長いから上手いとは限らないし、長いから聾者の信頼があるというわけでもありません。

5年目と10年目なら、お互いにフォローし合い足りないところを補ったり、反省のときに指摘しあったりできるような関係じゃないと通訳者として成長できなんじゃないかなと思うのです。
それは15年目と20年目も同じだし、10年目と30年目も同じだと思うんです。
30年目のベテランさんだって、苦手な分野もあれば知らない言葉もあります。
それを「自分が知っていることは先輩は知っているだろう」と思うのはナンセンス。

みんな違う経験をしてきているのですから、1年目の通訳者が20年目の通訳者をフォローできることもあるはずです。
手話通訳そのものは1人で行うもので、自分の力を磨いて学び続けることが大切ですが、通訳者は孤独ではなくチームワークなんだと思うのです。
学び合ったり、情報共有したり、お互いの切磋琢磨できるようなそんな通訳仲間、「同僚」であり続けたいと思います。

通訳者に「先輩も後輩も」ない...とは思いますが、先輩を敬う気持ちは持っているつもりです^^;;
敬いながら、学びながら。。でも、通訳現場では対等に仕事をしているそんな関係でいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.06

新しい手話との出会い

久しぶりに「ふさお」へ行ってきました。
友人の誘いで集合したものの、不安を感じつつのふさおです(笑)
私が全くかじったことがない異国の手話を話す方々をお招きしての、「ふさお」での集まりだったので^^;;
私はその国の指文字さえもまったくできないという...。
でも、楽しかった〜。

ASLとも国際手話とも全く違う、日本手話とも全く異なる指文字。
日本の「甘い」の手話がその国では「学校」らしいということは分かりました(笑)
あと、「名前」の手話も覚えたけど自分の名前はその国の指文字で表せないもどかしさ...。

けれど、不思議なことに彼女達が語る手話はなんとなく言いたいことが分かります。
私にも分かるようにゆっくり話してくれたり、時には英語の単語を発音してくれたりもあったからなんだけど..。難しいところは、その国の手話がわかる日本人ろう者が通訳してくれたりしながら楽しい時間を過ごせました。
新しい手話...興味を持ってしまったけれどキャパオーバー^^;;
日本手話だってまだまだ勉強し続けないとだし、ASLや国際手話だって中途半端〜〜〜〜〜。
でも、こうして目の前に話者がいると楽しくなって、もっと話したいって思ってしまうという...。

勉強し始めたら、笑ってやってください^^;;;

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.30

わいわい!手話べり。

私の都合に友人たちが合わせてくれて、ろう友2人とごはんを食べに行く約束をしていました。
場所は友人の1人が1人でもよく行くというイタリアンのお店。
若いご夫婦が営んでいるキュートなお店です^^

約束してしばらくしてから、友人2人が友達を連れてくるというので私もなかなかタイミングが合わなくてしばらく会えていない友人に声をかけました。
その友人も他の予定を調整して来てくれたので、結局6人での飲み会に(笑)

まぁとにかく賑やかな会になりました(笑)
家が近かったり、趣味が同じだったりととにかく話題がつきなくてあっという間の3時間...4時間...。
次回のお店も決めて解散となりました^^

楽しい時間は、仕事への活力(^^)ということで、がんばりましょう〜♪

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.10

がんばろ~!

先日、私が目標としているというか憧れているというかとにかく、素晴らしい手話通訳者さんとお話する機会がありました。
久しぶりにお話したのですが、相変わらず素晴らしい方でした。

通訳者としても尊敬していますが、それ以前に社会人として尊敬しています。
知識も豊富だし、頭の回転も早い!
そんな方と色々お話して、改めて我が身を振り返り自省しました(T_T)

もう少しがんばらないとなぁ、、と。
ゴールデンウィークの間、すっかり遊んでしまいました。
色んな意味で、もったいなかったかも。
楽しい休日ではありましたが(・・;)。

とにかく、目標にしたいと思える方と直接お話をして、刺激を受けられるのはありがたいことです。
生を引き締めて、がんばります!

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.29

TA-netのシンポジウム

週末、より良い観劇システム構築のために今できることをテーマにしたシンポジウムが都内で開催されました。
満員で空気が薄く感じるくらい(笑)

観劇のバリアフリーについて、様々な立場のかたの意見が聞けるパネルディスカッションがあり、参加者との意見交換ができるフロアトークあり、楽しいやら勉強になるやら。

私は会員なので、ただ参加だけではなく会員として末席でお手伝いもさせていただき、二重に楽しかったです。
設営では、日頃つかわない筋肉を使ったけど(笑)

一度だけではもったいない!
これからも継続できるといいなと思います。

シンポジウムの様子は、TA-netのblogに掲載されています!

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.09

市町村の設置通訳者

通訳者は「人」なのに「設置とはなんぞや?」と思わなくもありませんが、この業界では市町村に雇用されている手話通訳者のことを「設置通訳者」と言ったりします。
行政の障害福祉関係の部署に配属されることが多いようですが、最近では様々な雇用携帯があり手話通訳者の求人を調べていると、通常の正規採用の公務員試験を受験する条件に社会福祉士などの資格と混ざって手話通訳士なんて書いてあることもあります。
しかしながら、全国の設置通訳者の殆どは嘱託とか非常勤で更に、3年とか5年なんていう期限付き雇用も少なくありません。

地域差はあるようですが、なり手がなかなかいないという所もあるようです。
設置通訳といっても週5勤務から週2程度とばらつきがあり一概に言えませんが、募集があるのになり手がいなくて困るという話を地方ではよく聞きます。

また地域によっては、同じ人が設置されているのではなく週2の人が2人いて役所に通訳がいるのは週4日なんていうところもあるようです。
そんな複数で分担している地域では、「○曜日の通訳は○○さんだから行くのはやめて他の人が担当の時にしよう」なんてことも、急な用事じゃないときにはあるそうです^^;;

知らぬは通訳者ばかりなり...汗。
設置通訳に限った話ではないと思いますが、ろう者だってより快適なコミュニケーションができる方が安心ですよね^^;;

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.07

日本手話通訳士協会 研究紀要2014

恐ろしいことに、今年も2ヶ月がすぎすでに3月!
年度末です^^;;
花粉症も絶好調で、毎日鼻水垂らしながら日々を送っています。
目も痛いし(>_<)

さてさて。
先日、日本手話通訳士協会・日本手話通訳学会の研究紀要が届きました。
「日本手話通訳学会」と言っても、通訳実践の「報告」的な内容が多く大学等の研究機関が考える「研究」とは異なるものだという印象だったのですが、昨年までと違い今年の紀要はかなり面白かったです。
今年度の紀要には査読付き論文が3点掲載されていました。
通訳士資格を有する研究者も少なからずいらっしゃるので、そういう方々を見習って回を重ねると真の意味で「手話通訳学会」になるのかもしれないなぁなんて思いました。
やはり、継続は力なり...でしょうか。
紀要に刺激を受けつつ、私もがんばらねばと思いました。

それにしても、早く花粉シーズン終わらないかな^^;;
薬の影響と鼻水で集中力が落ちる季節なので、色々と気をつけたいと思います〜。

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.31

第34回 手話狂言・初春の会

青空の土曜日。
久しぶりに国立能楽堂へ行ってきました。
「第34回 手話狂言・初春の会」です。

狂言のわかりやすい、コミカルなストーリーと手話のマッチングは絶妙です。
歌舞伎や文楽では手話とのコラボは難しいと思いますが、狂言は手話とよく合います。
私は聴者なので、手話狂言の「手話」のみならず「声」も聞こえます。

手話狂言の指導や声を担当するのは、三宅狂言会の皆様。
狂言師の方々は手話がわかりませんし、ろうの役者たちに合わせているわけではなく狂言の台詞の間で声を出していますし、舞台上のろう者たちも声を聞いているわけではないけれど、練習で掴んだ間で台詞を手話表出しています。
それが不思議とぴったり合います!
通訳ではあんな風にぴったり行きません^^;;

また、台詞は昔の言葉だったり狂言独自の言い回しで、聞こえる私も意味がわからないところがあるのですが手話を見れば意味がしっかり掴めるとという...とてもおいしい舞台でした。

手話狂言ではない、普通の狂言も好きですが手話狂言は更にみどころ満載です。
試験期間中なんですが、しばし試験を忘れて楽しめました。
さて、勉強がんばるぞ〜^^;;

にほんブログ村ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧