カテゴリー「覚え書き」の13件の記事

2013.01.02

「膾炙」

この年末年始に自分に課した課題図書(笑)を読んでいて、さっそく分からない言葉に遭遇しました^^;;
新年早々、辞書引きながらの読書です(苦笑)

「膾炙(かいしゃ)」ちゃんと、PCでも変換できるごく一般的な単語のようです。
私がしらなかっただけですね^^;
わが家の大辞泉を引くと以下のように掲載されています。

かい‐しゃ〔クワイ‐〕【×膾×炙】
[名](スル)《「膾」はなます、「炙」はあぶり肉の意で、いずれも味がよく、多くの人の口に喜ばれるところから》世の人々の評判になって知れ渡ること。「人口に―する」

私が読んでいた本にも、「人口に膾炙していたらしい」という、まさに辞書の例文通りの使い方がされていました。
うむ。自分のことばとして使用できるでしょうか^^;;
でも、私の勝手な想像ですが「膾炙」は書き言葉(書記日本語)に使われる語彙であり、音声日本語に使う語彙ではないように思ったのですが、どうなんでしょうか。

たとえば、読み取り通訳の時に世に評判になって広まっているという手話表現を、「人口に膾炙して〜」と翻訳してもあまり耳になじみが無い語彙ですし、「カイシャ」という音は多くの日本人には「会社」の方が親しみがあるのではないかと思うのです。

逆に、ちょっと著名な年配の聴者が講演会のときに「〜のように人口に膾炙したわけす」のようなお話をされたら、手話通訳としては上記の辞書にあるようなニュアンスで表現しなくてはいけないと思うのですが、一般の聴者の聴衆に分かりやすい語彙ではないと思うのは、無知な私の浅はかな考えでしょうか。

「膾炙」を自分の辞書にインプットして、お正月気分から脱出して現実に戻りたいと思います☆


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.17

姪孫・又姪

タイトルの言葉を読める方どれくらいいらっしゃるでしょう?
「姪孫(てっそん)・又姪(まためい)」と読み、どちらも自分から見て姪の子どもを指す呼び名だそうです。
普段使わないので、備忘録的に記しておきます^^;;

先日、夫の兄弟の娘(姪)とそのお子さんと一緒に食事をした時に「姪の子どもはなんていうのかなぁ」という話になって、当然誰もわからず(笑)イマドキ仕様でスマホでその場で検索して「姪孫(てっそん)」と判明。
でもそんな言葉聴いたことないし、使わないよね〜という話になったのです。

確かに使わないっ。
自宅でもうちょっと調べたら「姪孫」の他に「又姪」という言い方もあるということが分かりました。
それで他の続柄名称も色々見ていたら、まぁややこしい(笑)
そして色んな呼び名があるものですね。

近年は核家族化して久しいので、遠縁の呼び名をわざわざ使うこともないのですが昔は使っていたんでしょうか...?
それとも一部の華族とか貴族とかで使うような言葉だったんでしょうか...?
祖父母の親を「曾祖父母」までは分かりますが曾祖父母の親は「高祖父母」とか。
「来孫」「昆孫」「仍孫」(それぞれ自分から見て5代、6代、7代後の末裔)とか、もはや何がなんだかな私です。
「再従姪孫」(いとこの孫らしいです)という呼び名もあるそうです。

大切な昔からの呼び方だとは思いますが、もはや使っても一般社会では通じないような...。
日本語は難しいです...。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.03

日本語の難しさ。

先日帰国したサッカーW杯の岡田ジャパンの帰国会見を見ました。
モノマネまで飛び出す爆笑会見でしたね^^;

あの記者会見の司会を担当していたのは、日本サッカー協会の広報の方でした。
日本へ帰国したのは代表選手の全員ではなく、田中マルクス闘莉王選手はお父様が入院されたということでお見舞いのため南アフリカからブラジルへ行ったため、日本へは帰ってきませんでした。

で、会見の時に司会の方は「闘莉王選手は、家族を見舞うためにブラジルへ渡航したため会見には参加していません」という言い方をしました。
「ブラジルへ渡航」です。
確かに、闘莉王選手は帰化したので日本国籍を取得しています。
「日本人」だから、日本代表としてW杯に出場しているし、「日本人になって良かった」という発言もインタビューの際にしていました。

なるほど・・・。
日本サッカー協会は、ちゃんとした意思をもって「渡航した」という言葉を使ったんだと思いました。
それに対し、その会見の様子を伝えていたフジテレビのレポーターは「闘莉王選手は、ブラジルへ帰国したため、日本には戻っていません」と言っていました。
日本に帰国じゃなくて、「ブラジルへ帰国」という言い方です。

確かに闘莉王選手はブラジル出身。
でも今は日本人。
あえて「ブラジルへ帰国」という言葉を使ったのではなく、ブラジル出身の闘莉王選手だから「ブラジルへ帰国」と自然と出てしまったのだと思います。

さてさて。
そもそも「帰国」って根本的になんなのだ・・・と思ったので、辞書を引きました。
大辞泉によると以下の通りです。

き-こく【帰国】
[名]スル
1.外国から母国に帰ること。帰朝。
2.故郷に帰ること。帰郷。

うむ。
故郷に帰ることも「帰国」なら、外国人が日本へ帰化した後に故郷の国へ帰る時に「帰国」を使っても間違いではないということかな。
なかなか手ごわいです。

英語だと以下のような感じでしょうか。
He went back to Brazil.(彼はブラジルへ帰国した)
He made a voyage to Brazil.(彼はブラジルへ渡航した)

なんか、英語の方がイメージしやすいなぁなんて私は思ったのでした。
「ブラジルへ帰国したので日本へ帰って来ていません」ってなんだか変な感じじゃないですか?^^;
意味はよくわかるし、私も使ってるような気がしますけど^^;;;

私が大好きな建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズは日本に帰化して一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と改名しました。
一柳は奥さまの姓。米来留はもともとの名前のメレルに漢字をあてたものですが「国からて、日本にまった」ということで、このような表記にしたと、本人の手記には書いてあります。
お墓も日本にありますが、日本名の一柳米来留よりもウィリアム・メレル・ヴォーリズの方が有名です。
帰化して日本人になったのだから、正しい名前は一柳米来留なんですけどね^^;

ああ・・。
日本語って難しいですね。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.13

意馬心猿(いばしんえん)

最近、脳トレ系ゲームをちらほらやっています^^;
漢字や四字熟語を決まった秒数内に読んでタイプするものです。
PCでもできますが、携帯でできるので移動時間や通勤時間にやったりしています。

本日読めなかったのが、「意馬心猿」。
「いばしんえん」と読むそうです。ま、漢字をそのまま音読みすると確かに「いばしんえん」。
何故読めないのかとお叱りをうけそうですねsweat01

いばしんえん・・・私は聞いたことがありませんでした。
つまり意味がわからないのです^^;
広辞苑にか以下のように載っていました。

いば-しんえん【意馬心猿】
〔仏〕煩悩・欲情・妄念のおさえがたいのを、奔走する馬やさわぎたてる猿の制しがたいのにたとえていう語。
類義語:煩悩の犬

ちなみに、「妄念」は迷いの心のことだそうです。
なかなか日常生活では出てこない四字熟語ですが、お坊さんの説法などでは使われていそうですよね。

さて、何かの講演とかで講師が「人間誰しも意馬心猿~」とか「意馬心猿の欲するまま~」とお話されたらどんな手話通訳をしますか・・・?
難題です(>_<)


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.28

「参与観察」

私は今年に入って、私の職場関係のあるスペースを使って休日にたま~に、手話で手話について学ぶ機会があることを知りました。
「手話で手話を」学ぶいわゆるナチュラルアプローチというのとは違って、「手話について掘り下げて学ぶ」とでもいうのでしょうか、とにかく共通言語として日本手話が使われているようです。

寒の戻りがあった今日、午前中はシゴトで手話。
午後は、手話で手話を学ぶ会に参加していろいろと勉強させていただきました。
手話ってすごいなぁ・・・というのが率直な感想です。

で、その時に学んだ言葉が「参与観察」。
辞書(大辞泉)を引くと、以下のような説明がありました。

さんよ-かんさつ【参与観察】
社会調査の方法のひとつ。
調査者自身が調査対象である社会や集団に加わり、長期にわたって生活をともにしながら観察し、資料を収集する方法。
文化人類学における異文化社会の研究などに用いられる。

文化人類学では普通に使われる言葉なんですね。
一般にはなじみがないように思いますが・・・。

傍から観察するだけではなく、「参与」する・・・要するに加わるってことなんですね^^;;
「参与」と「観察」の言葉の意味そのままですが、ぽっと出てきたらよくわからなくて思わず調べてしまいましたsweat01

いろんな意味で勉強になる1日でした☆
勉強にもなりましたが、自分の知識のなさや勉強不足な部分を改めて自覚した日でもありました。
午前も午後も・・・ね^^;;;


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.03

傀儡-かいらい-

あるとき、テレビを見ていたら『傀儡(かいらい)』という言葉が出てきて、何の意味なのかさっぱりわかりませんでした。
音声だけ聞いても漢字も思いつかないし・・・。
手話通訳したら絶対に手が止まるだろうなぁと思い、広辞苑で調べてみました。
するとなんと!広辞苑(電子辞書)にブックマークしてあるではないですかsweat01
・・・と、言うことは『傀儡』を調べたのが初めてではないということですwobbly
自分で以前調べた言葉なのに、調べた記憶さえもないなんて、なんて恐ろしい(>_<)
広辞苑によると、以下の通りです。

かい-らい【傀儡】
1.あやつり人形。くぐつ。でく。
2.転じて、人の手先になってその意のままに動く者。


1,に出てくる『くぐつ』ってなに???と思ったのは私だけではないはず!
そこで、広辞苑で『くぐつ』をしらべると、なんと【傀儡】の文字が!!

くぐつ【傀儡】
1.歌に合わせて舞わせるあやつり人形。または、それをあやつる芸人。でく。てくぐつ。かいらい。
2.(くぐつの女たちが売色もしたことから)遊女。あそびめ。うかれめ。くぐつめ。

同じ漢字なのに、読み方が違うと含まれる意味もニュアンスが違ってきますcrying
なんて難しいのかしら・・・。
ちなみに熟語でも『傀儡師(かいらいし)』と『傀儡師(くぐつし)』では意味が違っていました。

大辞林でも、多少の表現の違いはあるものの、それぞれ同様の説明が記載されていました。
ああ・・日本語は本当に奥が深いです。


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.24

「投機」と「投資」

TVでニュースを見ていたら、「投機」という言葉がでてきました。
前後の文脈は忘れてしまいましたが・・・^^;;;
隣にいた夫(経済学部卒~)に「投機ってどんな意味?」と質問したところなんだか「投資」と似たような意味で私としてはなんだか理解できなかったので、いつものように広辞苑で引いてみました。

とう-き【投機】
1.禅宗で、師家(しけ)と弟子のはたらき(機)が一つになること。悟りを開くこと。
2.(speculation)損失の危険を冒しながら大きな利益をねらってする行為。やま。
3.市価の変動を予想して、その差益を得るために行う売買取引。

と、ありました。
悟りを開くのと、大もうけしようと目論んで売買すること・・・ものすごく違う意味ですよね^^;;
概ね2や3の意味で用いられることが多いみたいです。
私が見たニュースでも3の意味だったと思います。

じゃあ、「投資」はというと同じく広辞苑によると以下の通りです。

とう-し【投資】
1.利益を得る目的で、事業に資金を投下すること。出資。
2.比喩的に、将来を見込んで金銭を投入すること。(例)「息子に投資する」
3.元本の保全とそれに対する一定の利回りとを目的として貨幣資本を証券(株券及び債券)化すること、(例)「投資家」
4.経済学で、一定期間における実物資本の増加分。資本形成。

う~ん・・・。
読んでいるとなんだかわからなくなってきました(汗)
1の意味だと「投機」にも似ているけど、大きな利益をねらっているわけではないのが「投資」なのかな?
なかなか難しいです(>_<)


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

畢生(ひっせい)

読書をしていたら意味がわからない言葉に出くわしました。
しかも人の名前のすぐ後ろに「○○畢生で~」というような使い方です。
○○が苗字だったので、「畢生」は名前なのかと思いました(恥)
でも、名前のわけがないので辞書を引いてみました。
いつものように広辞苑によると以下の通りです。

ひっ-せい【畢生】
命の終わるまでの間。生涯。終生。

例文としては、「畢生の大作」というように用いるそうです。

私のボキャブラリーにないコトバ。
ああ・・・日本語って難しい。そして奥が深い。

そうして、調べたけれど覚えていられるかなぁと一抹の
不安。
何かの折に、「この作品は、畢生の大作です」なんて言葉を耳にしても私の手話通訳では「この作品は、大作です」という意味しか表現できないかもしれません。
日本語の語彙力が少ないということは、そういうことですね。
いや、手話に限らずこの言葉を英語に変えるときもそうなんだけど・・・。

ちなみに類語例解辞典で「畢生」を引いてみるともう少し具体的な説明が出てきました。

終生・終身/畢生

【共通する意味】 命が終わるまでの間。

【英】

all one's life

【使い方の例】

「終生」終生忘れ得ぬ思い出/終生の友

「終身」終身雇用制/終身刑/終身会員

「畢生」畢生の大作/畢生の大事業

【それぞれの意味と使い分け】

「終生」は死ぬまでずっとの意で副詞的に用いられることもある。

「終身」は複合して用いられることが多い。

「畢生」は生涯をかけて行う大きな仕事や、そのための努力などをいう場合に用いられる

でもね・・・^^;;
確かに「終生」は英語でall one's lifeだけど、「終身」のニュアンスはそう一筋縄じゃいかないですよね。
たとえば「終身雇用」なら"Lifetime employment"とかだし「終身会員」なら"Life member"でいいと思うし「終身刑」なら"Life sentence"かな???

・・・日本語のニュアンスって難しいです。
「畢生」忘れないようにします。


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665日本語は難しいぞーっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.09

『洋行』って・・・。

最近ニュースでよく聞く「山田洋行」という会社の名前。
一瞬、「やまだひろゆき」さんという人の名前かと思いますが・・・(汗)
(株)山田洋行は、みなさんご存知でしょうが「ヤマダヨウコウ」と読み、宇宙・航空・防衛分野の機器等を扱う専門商社です。

よく似た(?)社名に、文具で有名な(株)内田洋行がありますね。
文具の他、オフィスの機器・什器や学校用品、他にも情報システム関連等私たちに比較的身近な商品を取り扱っている会社ですね。
私は子供の頃、マジメに「内田洋行(ウチダヒロユキ)」さんが作った会社だと思い込んでおりました(汗)
こちらも「ヒロユキ」ではなく「ヨウコウ」と読むのは、周知の通りですね^^;;;

でもって、「洋行(ヨウコウ)」ってな~に?と思う今日この頃。
いまさらながら、辞書で調べてみました。
スーパー大辞林によると、以下の通りデス。

【洋行】(ようこう)
1.欧米へ留学・旅行すること。(例:洋行帰り)
2.中国で、外国人経営の商社のこと。

山田洋行のことは存じませんが、内田洋行の会社概要を拝見すると創業は「1910年(明治43年)2月」とあります。
よくわからないですが、「国際的な商社」を目指してつけられた社名なのかなぁ・・なんて思いました。
本当のところは、どうなんでしょう?
ご存知の方がいらしたら、ぜひご教示くださいm(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.09.05

生兵法(なまびょうほう)

「生兵法」と見て、"どんな法律?「兵」という文字があるから戦前の法律かも"・・・と思った無知な私。
スミマセン。

この「生兵法」どんなに字面を眺めても意味の想像がつきません。
辞書を引いてみましたが、辞書によってなんとなくニュアンスが違った印象でなかなか興味深いです。

【大辞林】  1.武術を少しばかり心得てはいるが、いたって未熟なこと。  2.知識や技術が十分身についていないこと。
【広辞苑】  少しばかり兵法を知ってはいるが、未熟なこと。転じて、ひろく物事に関する知識などについてもいう。    例文:生兵法は大怪我のもと。

ちなみに「兵法」ってなんなのよーって思った私は更に広辞苑で調べてみました。
すると以下のようにありました。

【広辞苑】  1.いくさのしかた。用兵と戦闘の方法。兵学。軍法。  2.剣術などの武術。ひょうほう。
・・・だそうです。 なるほど。 「兵法」については大辞林でも概ね同じ表現でした。

「生兵法」を広辞苑で引いた印象だと、剣術や武術などでしか使えないことばのような印象でした。

例文をみてもそうですよね。
慣用句には「生兵法は大疵の基(なまびょうほうはおおきずのもと・もとい)」というのがあり、意味は広辞苑に掲載されていた例文と同じ趣旨です。

広辞苑の説明には、「ひろく物事に関する知識などについてもいう」とはあるんですけどね^^;;一般的な使い方のイメージがわかないというか・・・。

でも、大辞林には「知識や技術が十分身についていないこと。」とあり、その印象から、剣術や武術に限らず様々な知識が技術にも使える言葉のように思えます。
インターネットで検索してみると、「生兵法の机上の空論」という使い方をしている文章がありました。
中途半端な知識で、机上で計算した考え・・・ということでしょうね。
更に大辞泉など以下のような説明でした。

【大辞泉】  1.中途半端に兵法を知っていること。未熟な兵法。  2.十分身についていない知識や技術。なまはんかな学問。
さて・・・。 どれが判りやすいでしょう? 法律ではない・・ということは、よ~くわかりました^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧